ラブ・コメディ

おとなの恋には嘘がある

やっと出来た恋人は、友達の元夫だった!

ストーリー:離婚して10年が経つボディセラピストのエヴァ(ジュリア・ルイス=ドレイファス)は、娘の1人暮らしを控え、ブルーになっていた。そんな時、パーティでバツイチのアルバート(ジェームズ・ガンドルフィーニ)と出会い、恋に落ちる。さらに新しい顧客のマリアンヌ(キャサリン・キーナー)との間に友情も芽生え、毎日が充実していく。だが、ある日衝撃の事実が彼女を襲う。アルバートはマリアンヌの元夫だったのだ!真実を知らないフリして、恋も友情も継続させる彼女だったが、ついに恐れていた事件が起きる・・・。

出演:ジュリア・ルイス=ドレイファス、ジェームズ・ガンドルフィーニ、トニ・コレット、キャサリン・キーナー、トレイシー・フェアラウェイ、タヴィ・ゲヴィンソン、ベン・ファルコーン、イヴ・ヒューソン、アンジェラ・ジョンソン=レイエス、エイミー・ランデッカー

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 年齢を重ねたから分かるな〜。

こんな大人な映画が観たかった。すごく、自然にお互いを好きになって行く感じが本当に素敵です。初めて、キスするシーンがとても可愛いですよ!ラスト、彼が彼女に言う言葉が印象的。そうだよねって・・・思う。

★★★★☆ 大人の恋

出会いはありきたりでしたが、大人の恋のときめきは見ていてほのぼのしました。

★★★★☆ ハゲデブオヤジでもモテる

このオヤジと同じくらいの年の男として彼女を見てみると、十分に美人だし魅力的。ちょっと品がないけど、物凄い美人ってわけでもないところがさらに良い。でも、調子に乗って彼をからかうシーン、あれは痛い。そういうデリカシーのなさはやっぱりダメだし、彼も十分に傷つく。そしてそれが、元妻の影響でいつの間にか僕を見下してたんだっ、ていうシーンはかなり残酷だ。原題はEnough Said。「言い過ぎ」って訳すのかな。たしかにセリフがよく練られていて、こんな気のきいたセリフを言えたら、女性にももてるだろうなっ、て思った。

作品の詳細

作品名:おとなの恋には嘘がある
原作名:Enough Said
監督:ニコール・ホロフセナー
脚本:ニコール・ホロフセナー
公開:アメリカ 2013年9月18日、日本 2014年4月4日
上映時間:93分
制作国:アメリカ
製作費:800万ドル
興行収入:2500万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. 愛しのロクサーヌ

  2. パンチドランク・ラブ

  3. ウェディング・イブ 幸せになるためのいくつかの条件

  4. 恋人にしてはいけない男の愛し方

  5. ラブコメ処方箋〜甘い恋のつくり方

  6. 子連れじゃダメかしら?

PAGE TOP