アクション

聖闘士星矢 The Beginning

運命を、越えてゆけ

アクション少年漫画のルーツを築いた車田正美原作の伝説的漫画「聖闘士星矢」を、世界トップクリエイターがハリウッドで完全リブート!

ストーリー:自らの身体に“小宇宙(コスモ)”という力が宿っていることを知らない若者、星矢(新田真剣佑)。地下格闘技でその日暮らしをしながら生き別れた姉を捜していた彼は、ある日闘いの最中にその“小宇宙”を発したことで謎の集団から狙われることに。彼らは強い “小宇宙”の持ち主と、シエナ(マディソン・アイズマン)と言う女性の命を狙っていた。ペガサスの星のもとに生まれた星矢の使命は“知恵”と“戦い”の女神アテナの生まれ変わりであるシエナを守り、世界を救うこと。自らの秘めた力に気づいた時、彼はこの世界を救う“聖闘士(セイント)”となる・・・。

出演:新田真剣佑、岩田琉聖、マディソン・アイズマン、ショーン・ビーン、ディエゴ・ティノコ、ファムケ・ヤンセン、ニック・スタール、マーク・ダカスコス、ケイトリン・ハトソン、ケイトリン・ハトソン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 続いてほしい映画

劇場公開後、なんとなく見に行き始まって数分で引き込まれた。こういう星矢できたか、という驚き。主役が美しくアクションと演技も素晴らしい。初回は吹替で見たが字幕でも見たくなり数回劇場へ見に行くほど気に入ってしまった。こちらでも購入。円盤も早く出していただきたい。こんなに良い映画なのに埋もれるのはもったいないというのが一番の感想。ここまで丁寧に作ってくれるのは珍しい。他のキャラクターや物語も見たい。

★★★★★ 絶対に続編を観たい作品

星矢が聖闘士に成長する展開を、精神面でここまで丁寧に描写したことに感動しました。シエナが女神を受け入れる描写も、ふたりが精神的に支え合う姿にも、大きな愛を感じます。漫画ともアニメとも違う聖闘士星矢ですが、小宇宙と聖衣と聖闘士をしっかり理解した上で新解釈を打ち出しています。進化していく甲冑のような聖衣も好きです。何より、真剣佑が見事に新たな星矢を演じきっています。他のキャスト陣も魅力的です。しかし、青銅聖闘士が2人しか出てこず、5人揃わなければ物語が始まりません。この製作陣での続編を、青銅聖闘士残り3人を、なんとしても観せてほしいです。

★★★★☆ せめて続編もう一作観たい

原作の要素をところどころピックアップしていい具合に料理してくれたシナリオだったと思います。アクションもいいし、正直あまり期待していなかったけど意外なほど良い映像化作品でした。幻魔拳オシャレじゃん。ツッコミどころも多いのは異論なしですが、この圧縮加減なら、順調にいけば三作目あたりで十二宮まで終われるんじゃないかと思い、個人的には続編を熱望しております。TVアニメ版第10話を思い出させる雰囲気の星矢とシエナの距離感も良かったです。

作品の詳細

作品名:聖闘士星矢 The Beginning
原作名:Knights of the Zodiac
監督:トメック・バギンスキー
脚本:ジョッシュ・キャンベル
公開:アメリカ 2023年5月12日、日本 2023年4月28日
上映時間:114分
制作国:アメリカ、日本
製作費:6000万ドル
興行収入:690万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ピーター・パン

  2. 48時間 PART2 帰って来たふたり

  3. 80デイズ

  4. ブルー・ストリーク

  5. アクト・オブ・バイオレンス

  6. ジャン=クロード・ヴァン・ダム ザ・ディフェンダー

PAGE TOP