ファンタジー

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

孤独な少年と、現実世界で生きられない”奇妙な子供たち”。彼らの不思議な友情と驚くべき冒険の物語を描く、かけがえのない愛おしさに満ちたダーク・ファンタジー!

『アリス・イン・ワンダーランド』『 チャーリーとチョコレート工場』で世界中を魅了し、ハリウッドで最もイマジネーション豊かなヒットメーカーと呼ばれるティム・バートン監督の最新作は、ごくごく普通の男の子ジェイクが、不思議な力を持つミステリアスなミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちとの出会いによって、ありのままの自分と驚くべき宿命を受け入れてドラマティックに成長していく物語だ。バートン監督がありったけの想像力をふくらませて観る者を誘うのは、同じ一日を繰り返し、永遠に年をとらないこどもたちが暮らす秘密めいた別世界。奇妙な少年少女がその個性をワン・アンド・オンリーの輝きに変え、めくるめく大冒険を繰り広げるファンタジー・ワールドに、誰もが特別な愛おしさを覚えずにいられない。

ストーリー:フロリダで生まれ育ったジェイク(エイサ・バターフィールド)は、周囲になじめない孤独な少年。そんな彼の唯一の理解者である祖父が謎めいた死を遂げた。祖父の遺言に従って小さな島を訪れたジェイクは、森の奥で古めかしい屋敷を発見。そこには美しくも厳格なミス・ペレグリン(エヴァ・グリーン )と奇妙なこどもたちが住んでいた。やがて彼らと心を通わせ、夢のような時間を過ごしたジェイクは、自らに宿ったある”力”に気づき、屋敷に迫る恐るべき脅威に立ち向かっていくのだった・・・。

出演:エヴァ・グリーン、テレンス・スタンプ、ジュディ・デンチ、エイサ・バターフィールド、エラ・パーネル、フィンレイ・マクミラン、ローレン・マクロスティ、アリソン・ジャネイ、ルパート・エヴェレット、クリス・オダウド、キム・ディケンズ、サミュエル・L・ジャクソン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ とても不思議で楽しいです。

字幕、吹き替え、迷いましたが映像に集中したかったので吹き替えにしました。あっという間の二時間。本当にワクワクする楽しくも不思議なファンタジー映画です。映像表現もすごいのですが、ストーリーもしっかりしていて飽きません。子供達の個性もなかなか良いです。

★★★★★ 面白い

公開したときから、見たかったのですが、田舎なので残念ながら上演がなく。DVD、楽しみにしてました。小学生の姪も、幼稚園の甥も、楽しんでみてます。

★★★★☆ 前から集めていた作品でした。

前から集めていた監督の作品でした。廉価になるまで待っていた作品で今回購入しました。 内容も良く満足しています。 ありがとうございました。

★★★★☆ 信じる事の大切さ

ループという世界観に存在する不思議な能力を持った子供たちのお話です。最初は、なにこれ?って感じでドンドンストーリーが進みますが、見ているうちにドンドン内容が後から追いついてきて、そうなんだ!って感じて、いつの間にかわくわくに変わって、最後にほっとする映画でした。

★★★☆☆ そこそこ

普通・・・に観れましたが、特に印象には残りませんでした。私にとってはそこそこのファンタジーでした。

★★★☆☆ 世界観は素晴らしい

エヴァ・グリーンが美人です。奇妙な子供たちも個性的で魅力があります。ファンタジーの佳作という感じです。

作品の詳細

作品名:ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
原作名:Miss Peregrine’s Home for Peculiar Children
監督:ティム・バートン
原作:ランサム・リグズ『ハヤブサが守る家』
公開:アメリカ 2016年9月30日、日本 2017年2月3日
上映時間:127分
制作国:アメリカ
製作費:1億1000万ドル
興行収入:2億9600万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ミスター・ノーバディ

  2. ニュームーン/トワイライト・サーガ

  3. エンバー 失われた光の物語

  4. 魔法の国のプリンセス

  5. トイズ

  6. かいじゅうたちのいるところ

PAGE TOP