ドラマ

マイ・ビューティフル・ジョー

あなたといると、次々奇跡がおきる

男にだまされ続けた彼女は愛も奇跡も信じなかった。ジョーと出会うまでは・・・。

ストーリー:ケンタッキー州、ルイビル。セクシーな元ストリッパーで今は詐欺師のハッシュ(シャロン・ストーン)。服役中のトランぺッターとの間にできた娘と父親不明の口の利けない息子をかかえ、借金と男に苦しむ自堕落なシングルマザー。男運も金運も家庭運もない彼女が競馬場で大穴を当てた男、ジョー(ビリー・コノリー)と出会う。さっそく金をだまし取ろうと近づくが、男は全てを献金してしまうほどのお人よし。しかしその後、彼女たちが窮地に追い込まれた時、ジョーは毅然と立ち向かい、次々と奇跡を起こしていく。そんな不思議な力を持ったジョーと出会い、ハッシュと子どもたちは人生で初めての幸運をつかんでいく・・・。

キャスト:シャロン・ストーン、ビリー・コノリー、ギル・ベローズ、ジャーニー・スモレット=ベル、ディロン・モーエン、ジェイムズ・ウールヴェット、ダン・フロレク、イアン・ホルム、ジーナ・キアレリ

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 意外などんでん返し 心地良し

シャロン・ストーン、昔のイメージまるで無し。あれだけ、ボケ役に徹するのは、見事。ビリー・コノリー 、淡々とした演技が渋い。子役たち、健気で、可愛く、芸達者。ラストの息子のシーンは、神の声か。スティーヴン・メトカーフの演出、脚本は、見事。計算し尽くした繊細さは、素晴しい。最後のどんでん返しの意外さと、盛り上がりは、見事、最高。ジョン・アルトマンの音楽は、作品を貫く精神を良く表現してる。真面目に、一生懸命、正々堂々と活きる人生は、素晴しい。鑑賞後の清涼感に、星5つ。

★★★☆☆ 影響を受けた

この映画は、人によってつまらないという感想が出てくる映画ではあると思います。でも、僕の個人的な感想としては、非常に影響を受けた映画でした。特に喋れない障害を持っていると思われていた子供が喋るシーンには、この映画の核となる部分が表現されています。こういうふうに、生きれたら素晴らしいです。

★★★☆☆ テレビで放映したら見ても良いと思う映画。

この映画、かなり前に見たので内容はあんまり覚えてない。だけど、良い映画に恵まれないシャロン・ストーンの映画としてはまあまあだった。何かが足りないと思うが、それが何なのかはっきり分からない。凄く感動的な映画ではない。この映画でもシャロンの演技は良いと思いました。どうしてかと言うと、生活がきちんとしてない子持ちの母親役なんですが、なにか愛らしくて頬っておけない感じの女の人を演じてる。泣く演技やちょっとヒステリックになったりする演技が上手かった。そのシーンから男の人に甘えたい気持ちが伝わってきた。シャロンは演技力はあるから、あとは良い脚本の映画出演要請だけがないだけ・・・。近代的な映画から、古い時代がテーマの映画まで出来ると思う。なんでいつもイマイチなんだろう。

作品の詳細

作品名:マイ・ビューティフル・ジョー
原作名:Beautiful Joe
監督:スティーヴン・メトカルフ
脚本:スティーヴン・メトカルフ
公開:アメリカ 2000年11月19日
上映時間:98分
制作国:アメリカ
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. バベル

  2. アドルフの画集

  3. ひみつの番人

  4. ルックアウト/見張り

  5. イン・ハー・シューズ

  6. マッチスティック・メン

PAGE TOP