サスペンス

リプリー

他人の人生を、欲しいと思ったことはありますか?

パトリシア・ハイスミスの原作小説でも知られる名作『太陽がいっぱい』をアンソニー・ミンゲラ監督がリメイクした話題作

ストーリー:野心以外何も持っていないトム・リプリー(マット・デイモン)は、ある富豪からイタリアに行ったまま戻らない息子ディッキー(ジュード・ロウ)を連れ戻す仕事を引き受ける。イタリアで彼が出会ったのは退廃的な生活を送るディッキー。きらびやかな毎日、美しい恋人・・・トムは自分には手の届かない甘い生活を享受する彼に憧れのまなざしを向ける。気まぐれからそんなトムを自分と恋人マージ(グウィネス・パルトロー)との生活に引き入れるディッキー。しかし、自分にまとわりつくトムを次第に疎ましく思い出した時悲劇が起こる・・・。

出演:マット・デイモン、グウィネス・パルトロー、ジュード・ロウ、ケイト・ブランシェット、フィリップ・シーモア・ホフマン、ジャック・ダヴェンポート、ジェームズ・レブホーン、セルジオ・ルビーニ、フィリップ・ベイカー・ホール

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 嘘を嘘で

健全な少年が嘘を嘘で塗り固めていくうちに悪の道へ堕ちてしまう物語。

★★★★★  面白かった。

リメイク作品です。非常に面白く興味深かったです。虚飾や虚栄心、変身願望、主人公の心の闇に少なからず共感。ジュード・ロウ、グウィネスも素晴らしい。ただただマット・デイモン圧巻。

★★★★★  マイ・ファニー・ヴァレンタイン

地下にある自分の部屋でディッキーの好みに合わせるためジャズを必死で勉強するリプリー。その中にチェット・ベイカーが歌う『マイ・ファニー・ヴァレンタイン』が流れる。ジャズクラブでサックスを吹くディッキーの隣でマイファニーを歌うリプリー。リプリーの才能が発揮され、チェットベイカーの歌い方や声をよく真似できている。ジャズ好きの人間としては、こういう細かいところを演じきれていることが分かって嬉しい。”あばたもエクボ”の内容のラブソングだが意味深だ。リプリーはディッキーの数ある欠点をすぐに理解したに違いない。しかし嘘をつかなければ自分を守れない自分とは正反対の彼にどうしようもなく惹かれたのだろう。毎日がヴァレンタインデー。血にまみれたボートでディッキーの胸で眠っていたリプリーの姿を忘れられない。彼との日々を思いながら瞳を閉じていたのだろうか。もう続編は作られないのだろうけどマット・デイモンで作ってほしかった。リプリーがどこまで嘘を突き通せるのか映像で見てみたかった。リプリーの生い立ちをもっと知りたいと思った。あの地下室のことを。

★★★★☆ 「太陽がいっぱい」のリメイク

展開はやや緩慢。後半から俄然盛り上がり、サスペンスとしての醍醐味を味わえる。緻密な嘘をつきとおして、富豪の息子に成りすまそうとするが、バレそうでバレない、ギリギリ切り抜けてゆく様が面白い。登場人物がやや多めなので、人物同定が重要。本作の場合、同種の作品に比べキャスティングに特徴がでているのでわかりやすい。

★★★★☆ 主人公に気持ちが入っていく

意見がわかれると思うが、羨望や嫉みはつくづく怖いと思った。いい映画に思えたが近隣のでかいビデオ屋さんにも無く見たい一心で購入した。どんどん主人公に感情移入してしまいます。

★★★☆☆ ストーリーの舞台

若い日のジュード・ロウが物凄くタイプなので、購入してみました。ジュード・ロウはとてもかっこよかった、堪能しました。でもそれ以上にマットデイモンの淡々としているが狂っている という芝居が印象に残ってしまいました。

作品の詳細

作品名:リプリー
原作名:The Talented Mr. Ripley
監督:アンソニー・ミンゲラ
脚本:アンソニー・ミンゲラ
公開:アメリカ 1999年12月25日、日本 2000年8月5日
上映時間:140分
制作国:アメリカ
製作費:4000万ドル
興行収入:1億2800万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. ゼロ・ダーク・サーティ

  2. トワイライト 葬られた過去

  3. ペリカン文書

  4. その土曜日、7時58分

  5. アイズ・ワイド・シャット

  6. 蜘蛛女

PAGE TOP