スリラー

スネーク・フライト

ハワイ―LA便に仕掛けられた絶体絶命の罠!絶叫の4,000キロフライトが始まる!

ストーリー:マフィア組織による殺人事件の目撃者ショーン(ネイサン・フィリップス)は、ロサンゼルスの裁判所で証言するためFBI捜査官のフリン(サミュエル・L・ジャクソン)と、極秘裏にホノルルからジャンボジェットに搭乗した。だが組織はショーンを抹殺するため、大量の毒蛇を積荷として機内に潜り込ませる。やがて時限式の箱が開き、解き放たれた毒蛇と命がけの死闘が始まる!

出演:サミュエル・L・ジャクソン、ジュリアナ・マルグリーズ、ネイサン・フィリップス、ボビー・カナヴェイル、フレックス・アレクサンダー、トッド・ルイーソ、サニー・メイブリー、キーナン・トンプソン、レイチェル・ブランチャード、リン・シェイ

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 迷っているなら・・・手にとって観るべし!

飛行機という閉ざされた、しかも逃げ場のない空間に数千匹の蛇。下手をすれば中途半端になりがちな設定なのに、最後まで飽きることなく観ることが出来た。飽きるどころか・・・「どんどん引きずり込まれていった」という表現があてはまる程の勢いが、この作品にはある。「着陸した後の蛇の処理はどうするんだろうか」という思いを一掃するかのごとく、まったくその事に関しては触れずに終わるが、それさえも気にさせないほどの勢い。案外細部まで丁寧に製作されており、想像以上に面白かった。

★★★★☆ B級の凄さ!

テレビコマーシャルでも「ヘビがジャンボをジャックする!」とB級宣伝っぷりを発揮してましたが、ここまでB級加減に本腰を入れられ、真面目に作られてしまうと、ちょっとした大作になってしまうんですね・・・。驚きました。ヘビ自体のCGはしっかりしているし、ストーリーや展開も面白くて、逆にB級っぽくありませんでした。スキンヘッドになったサミュエル・L・ジャクソンもかっこいいし、乗客のキャラもそれぞれ際立っていて面白いです。B級映画さながらの「あ・・・次コイツ死ぬな」という予想も見事に当たるB級っぷり(笑)。ここまでB級を追求されると返って凄いものが出来上がってしまうんですね。『アナコンダ』のようなB級モンスターパニックが好きな人にはたまらないでしょう。

★★☆☆☆ ありえない設定

ジャンボジェット機の中で大量のヘビに襲われるモンスターパニック映画。しかし、あまりにも、ありえない設定だらけで観ていて笑ってしまいます。まず、飛行機の中に簡単に危険な物を持ち込めないでしょう。(荷物検査で無理)

作品の詳細

作品名:スネーク・フライト
原作名:Snakes on a Plane
監督:デヴィッド・R・エリス
脚本:セバスチャン・グティエレス
公開:アメリカ 2006年8月18日、日本 2006年10月21日
上映時間:107分
制作国:アメリカ
製作費:3300万ドル
興行収入:6200万ドル
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. 10 クローバーフィールド・レーン

  2. アザーズ

  3. レクイエム・フォー・ドリーム

  4. デッドゲームシティ

  5. サイレンサー

  6. トリプル・リベンジ

PAGE TOP