スリラー

ジェニファー・ロペス 戦慄の誘惑

もう、逃れられない、禁断の情事が男の異常な本性を目覚めさせた

ストーリー:高校教師のクレア(ジェニファー・ロペス)は、息子と二人暮らし。別居中の夫は、よりを戻そうと必死だが、浮気が許せない彼女は苛立ちを募らせている。ある日、ガレージのドアが故障したところに、ひとりの青年が近づいてきて手を貸してくれた。ノア(ライアン・グスマン )という名の彼は、隣の家に住むことになったと挨拶する。若く眩しい魅力に抗うことができず、クレアはいつしか彼の姿を追いかけるように。そして、ノアからの誘惑は、ある夜突然訪れた。翌朝、激しい後悔にさいなまれたクレアだったが、その日から、ノアの異常な行動が始まった・・・。

キャスト:ジェニファー・ロペス、ライアン・グスマン 、ジョン・コーベット、イアン・ネルソン、クリスティン・チェノウェス、ヒル・ハーパー、ベイリー・チェイス

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 年下男の誘惑には要注意w

見ても後悔しないレベルに面白い。完全なホラーではないが、ハラハラドキドキ感が楽しめる良い娯楽映画と感じた。予定調和で無理矢理な箇所も多いが、まあ、そんなことを気にする映画ではないし。ジェイローの色褪せぬ美しい肢体も一見の価値あり。というわけで☆5をつけます。邦題がよくないよなぁ。まったくでも原題は「隣の家の男の子」だから、同レベルか。

★★★★★ 見て損はないサイコスリラー映画

教師として働くクレアは隣の家の青年ノアと一度だけの関係を持った事からストーカー行為をされる事になります。ストーカー行為はどんどんエスカレートしクレアの家族や友人をも巻き込んでいきます。この作品、ジェニファーロペスがとにかく色っぽくて美しいです!40代半ばには全く見えません(笑)歌手としても大人気の彼女ですが女優としての演技も素晴らしいと思います。展開も早く、ストーリーも分かりやすいので見て損はないサイコスリラー作品だと思います。

★★★★☆ 面白かった

すでに見た作品を除いて、初めてプライムビデオで面白いと思った映画だった。よくある設定だが、普通にハラハラドキドキさせてくれた。

★★☆☆☆ ジェニファーファンのためだけの作品

ストーカーの恐怖を中心としたサイコスリラー。ですが、まったく緊迫感がなく面白くない。ジェニファー・ロペスのセクシーさを売り物にしただけのキワモノ感が強いです。本人も、そのことを意識して演技しているのが感じられて、ついいい気なものだなどと思ってしまいます。ストーリーにも目新しさはまったくなく、舞台も小さな町だけで完結しているから、「イナフ」のようなスピード感もありません。第一、こういう性にからんだストーカーものって、こんなこといったら女性に怒られるでしょうが、女性の側がストーカーである場合の方がだんぜん怖い。「恐怖のメロディ」や「危険な情事」などがその代表です。この作品のストーカー、たんに熟女に横恋慕したワルガキにしか思えない。ジェニファーさん、さかんに自分のセクシーさをアピールする衣装で出てきますから、ファンの方はそれなりに楽しめるかも、という程度です。

★★☆☆☆ これぞB級映画の王道といった感じ

ありがちな設定とストーリーで先も読めるのですがこの手の映画はすごく好きです。2時間サスペンスのような安心感。映画的な星は2つですが、B級としたら星4つ。暇つぶしにどうぞ。

作品の詳細

作品名:ジェニファー・ロペス 戦慄の誘惑
原作名:The Boy Next Door
監督:ロブ・コーエン
脚本:バーバラ・カリー
公開:アメリカ 2015年1月23日、日本 劇場未公開
上映時間:90分
制作国:アメリカ
製作費:400万ドル
興行収入:5200万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ドメスティック・フィアー

  2. スフィア

  3. 善き人に悪魔は訪れる

  4. デビル・ストレンジャー

  5. スイッチ・オフ

  6. ゾディアック 覚醒

PAGE TOP