スリラー

スリーデイズ

妻を取り戻す!不可能な脱獄計画。リミットまであと3日、チャンスは1度

ラッセル・クロウ(『グラディエイター』)×ポール・ハギス監督(『ミリオンダラー・ベイビー』『クラッシュ』)アカデミー賞豪華タッグが放つ、タイムリミット・サスペンス・アクション大作

ストーリー:愛する妻子とともに、幸せな毎日を過ごしていた大学教授のジョン(ラッセル・クロウ)。しかしある朝、彼の家に警察が侵入、殺人の容疑で妻のララ(エリザベス・バンクス)は逮捕されてしまう。それから3年。ジョンは一人で息子を育てながら、妻の無実を証明するため懸命に奔走していた。しかし、裁判では彼女に不利な証拠が提出され、覆ることなく遂に殺人罪は確定。絶望し、獄中で自殺未遂を起こした妻をみてジョンはある決断を下す。「彼女の人生と家族の幸せを取り戻す」それは命を懸けた決断だった。ジョンは生活の全てを犠牲にし、孤独や恐怖にさいなまれながら、綿密な脱獄計画を練り上げていく。チャンスは1度。ララ移送までのわずか3日・・・。

出演:ラッセル・クロウ、エリザベス・バンクス、ブライアン・デネヒー、レニー・ジェームズ、オリヴィア・ワイルド、タイ・シンプキンス、リーアム・ニーソン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ うーんすごい

序盤のダルいところを過ぎてからグイグイ面白くなります。終始ハラハラしっぱなし。ぜひ結末をその目で。あと主人公の老父がいい味だしています。かっこいいー。プライムビデオいいですね。こんな機会が無ければ見なかったと思う。

★★★★★ ハラハラドキドキ

ケンカも強くない大学の先生が奥さんを刑務所から出すために孤軍奮闘。ワンシーン、元脱獄囚としてリーアム・ニーソンが出てきてアドバイスをするシーンがなかなかの見所。あの絶望的状況からなんとか救い出した後は「逃げろ、逃げろ!!」と応援したくなります。しかし、冤罪ってのは怖いですね。

★★★★★ 初体験の完成度。

最初から最後まで緊張の連続で精神的に疲れる映画でしたw もちろんフィクションなので細かいアラがあるが、そこに目線を向けさせない。見る側の感情を刺激して、不自然なツッコミどころなんて気にならなくさせてる。よく計算されたジェットコースターアクションて感じ。

★★★★☆ 最後に刑事の良心を垣間見ました。

まず脚本(原作)が素晴らしい、出演している俳優さん達の表現力も豊かで最後まで引き込まれました。何でもかんでも知り得た情報で刑を確定していく現状の中、殺人罪で収監されることになった事件を現場で思い起こしている最後のシーンは、社会的地位がある主人公がこれほどまでに緻密で周到な計画を立て、殺人まで犯して資金作りをして行動に移したことに対して、冤罪だと確信したわけではないと思いますが、事件について判断に誤りはなかったのだろうかと、再考している刑事がいたということに安堵しました。

★★★☆☆ 平凡な男性が逃亡劇!

ラッセルクロウはアクション俳優として定評がありますが、以前ビューティフルマインドでも素晴らしい演技力を見せてますし楽しみにしてました。メイキングでも監督が絶賛してましたけど、平凡を演じることの凄さは確かに一見の価値アリ。善良な市民で学校の先生だった主人公が脱獄という犯罪に手を染めるのが、イイか悪いかは別として途中まんまと騙されるシーンもあってシビアな映画マニアでも楽しめる作品です。

★★☆☆☆ 妻の無実を証明するために翻弄するかと思いきや。。。。

前半部分はスロースタート。後半は、妻を脱獄させることに終始するのだが、犯罪を新たに起こしている事は、なんとなくしっくりいかないので、星2つ。

作品の詳細

作品名:スリーデイズ
原作名:The Next Three Days
監督:ポール・ハギス
脚本:ポール・ハギス
公開:アメリカ 2010年11月19日、日本 2011年9月23日
上映時間:122分
制作国:アメリカ
製作費:3000万ドル
興行収入:6700万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. アザーズ

  2. ステップファーザー 殺人鬼の棲む家

  3. ザ・エッグ 〜ロマノフの秘宝を狙え〜

  4. フラットライナーズ

  5. デンジャー・コール

  6. 血のエイプリルフール

PAGE TOP