サスペンス

グラスハウス

ガラスの家に棲む殺意、もう誰も信じてはいけない

美しい海辺の豪邸を舞台に、両親から莫大な遺産を相続した姉弟を襲う恐怖を描いた、リリー・ソビエスキー主演で贈るサスペンス・ミステリー

ストーリー:両親を突然の事故で失った女子高生ルビー(リーリー・ソビエスキー)と弟レットは、両親の知人グラス夫妻に引き取られ、丘の上の豪邸“ガラスの家”で何不自由ない新生活を始める。しかし、ルビーの心にある疑問が浮かび上がる。友人への電話を盗聴されているのではないか、誰かに覗き見されているのではないか・・・。気がつけば常に感じる養父母テリーとエリン(ダイアン・レイン)の怪しい視線。弁護士や福祉局にも相談するが取り合ってもらえない。彼らの目的は何なのか?すべては自分の妄想に過ぎないのか?やがて、ルビーが抱いた疑惑が現実となり、想像を絶する恐怖へと変わっていく。

出演:リーリー・ソビエスキー、ダイアン・レイン、ステラン・スカルスガルド、ブルース・ダーン、キャシー・ベイカー、トレヴァー・モーガン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 久しぶりのヒッチコックタッチのサスペンス

両親を事故で亡くした兄弟の後継人としてグラス夫妻に引き取られます。そこで、姉のルビーは自分たちが狙われている事に気付きます、徐々に明らかになる、兄弟の危機ここ数年ご無沙汰していたヒッチコック・タッチのサスペンスです。日本でのヒットはイマイチでしたが個人的にはお気に入りです。

★★★★☆ なかなか好きです♪

程よく怖いストーリー展開に迫力ある音楽が印象的で私好みでした。続編(?)の『グラスハウス2』も観ましたが、こちらのクオリティには遠く及ばず・・・少しストーリーがあっさりし過ぎているかとも思いましたが、スッキリして良いです。

★★★★☆ 買って損はない!

僕がこの映画を初めて観たときは、まず主演のリリーソビエスキ-が可愛いと思った。あまりリリーが笑うシーンがないけれど、緊張感がありハラハラドキドキする映画です。まばたきするのも忘れるぐらいハラハラします!!ホラー映画が嫌いな人で面白くみれる映画です! この映画は何回観ても飽きない映画だと思います。僕はもう3回もみました。なので買って損はないです!!

★★★☆☆ 最近の映画にしては良い。

最近の映画は全体的な作りが粗いものが多いですが、この映画は結構丁寧に作られている印象でした。一緒に住むことになるグラス夫妻が本当は善人か悪人かがポイントですが、見る側がどういう場面でどういう印象を持つか巧みに計算されていて、それがうまく成功しています。飛び抜けて面白いとまではいきませんし俳優の印象も薄いので星3つですが、女優が好きな人なら星4つくらいになるでしょう。水着のショットも少しありますし。

作品の詳細

作品名:グラスハウス
原作名:The Glass House
監督:ダニエル・サックハイム
脚本:ウェズリー・ストリック
公開:アメリカ 2001年9月14日、日本 2002年3月16日
上映時間:106分
制作国:アメリカ
製作費:3000万ドル
興行収入:2300万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. セックスと嘘とラスベガス

  2. JFK

  3. トゥルー・ブルー 死の掟

  4. 真夏の出来事

  5. 失踪

  6. ア・フュー・グッドメン

PAGE TOP