アクション

バイオハザードIV アフターライフ

新たな物語は『東京』から始まる

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演によるアクションホラーシリーズ第4弾

ストーリー:ウイルスによって破壊された世界で、ゾンビ達の犠牲者は数を増すばかり。アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は生存者を捜しながら、安全な場所へと皆を避難させることに奔走していた。アンブレラ社とアリスの戦いは新たなステージを迎えていた。そんな中、アリスの旧友が現れる。ゾンビ達から逃れ、新しい安息の地ロサンゼルスへと向かうが、そこは安息の地ではなくおびただしい数のゾンビ達がはびこる、死の街と化していた。アリス達はこうして罠へと足を踏み入れてしまい・・・。

出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、ウェントワース・ミラー、スペンサー・ロック、ボリス・コジョー、ショーン・ロバーツ、キム・コーツ、シエンナ・ギロリー、中島美嘉

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ プロジェクターで観ると3Dの迫力が凄い!

2万円位の3D対応ミニプロジェクターを購入したのでこのソフトも購入。100インチのサイズで観ましたが映画館で見た感動が再び再現された感じ。さすが3D用に作られた作品なので効果は絶大ですね。この作品はシリーズ化されてますので、もう一度、全シリーズ見たくなりました。ストーリーは個人的には良いと思います。

★★★★★ 次に続く最後。

ウェスカーに普通の人間にされたにも関わらず、やっぱり強いアリスでした。ゲームの要素をたっぷり盛り込んでファンを離さない登場人物です。ミラ・ジョヴォビッチも産後でありながら徹底した体つくりが素敵でした。相変わらず美しいです。ラストは次回出てくるであろう「ジル」が金髪になってちょっと出てくるので、また楽しみであります。ブルーレイには、DVDには入っていない特典付きです。お得感がありますね。

★★★★★ セクシー美女の競演

ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、シエンナ・ギロリー! 何とバイオハザード4作目は豪華3大美女の夢の競演である! と言ってもシエンナはラストのちょい出演なのが残念。 次の5作目の活躍を大いに期待したい! こんな私好みの美女が3人も勢ぞろいして大活躍する近未来SFアクション映画なんて、私はこれまで一度もお目にかかったことがない!あ、そうそう、もう一人忘れてはいけないのがこの映画のオープニングで日本人第一号の美女犠牲者役でちょい出演、私的に強烈なインパクトを与えてくれた歌手の中嶋美嘉ちゃんも良かった・・・。というわけでこの作品、何と4人もの美女が画面を華やかに彩ってくれたわけである! 戦う美女は本当に華麗で美しい!! 5作目が非常に待ちどおしい今日このごろである!!

★★★★☆ バイオ3Dはすごいか

バイオファンとしては、3Dによるホラーの効果がどうなのか興味があり購入。視聴した結果から言うと、ホラーというより完全なアクションもので、トゥームレイダーやマトリックスを思い出させるような映画です。でもなかなかの奥行き感があり、娯楽作品として楽しめるのではないでしょうか。ゲームの時のような不意に後ろから襲ってくるような怖さがもっと映画に生かせればもっと良いのですが。3Dのメガネは長い時間つけていると、少々目が疲れるようです。特にもともとメガネ使用者にとっては、かけにくく重いです。しかし迫力ある飛び出してくるような映像は、それをも忘れさせる感動を与えてくれるでしょう。

★★★☆☆ 回を重ねるごとに・・・

バイオらしくなくなり・・・ただのアクションになってきましたね!!

★★★☆☆ 結局?

パート1からずっと思ってたんですが、結局、アンブレラって何したいの?生存者いないと言いながらタケノコのように湧き出してくるアンブレラの雑魚一般兵。満足いく報酬も得られないあんな世の中で人がついて行く訳もないだろうに。日本アンブレラ支部、あんな街中の地下にどうやって作ったのかな、地下鉄、水道管、下水管やガス管に総当たりですね。ましてや飛行機の発射台ってサンダーバードのギャグかと思った。今回は内容が薄ペラいため角川ホラー文庫にもならなかった。そのためか映像も不必要にスローモションが多かったですね(^_^;)

★☆☆☆☆

ストーリーはあってないようなもの。キャッチコピーの「ストーリーは”東京”から始まる。」に全く深い意味がない。別にバリ島でもグアムでも、ガラパゴス諸島でも、どこでも良かったんじゃない?アリスもクレアもクリスも、ウェスカーさえも大して活躍しない。バイオハザードファンなら前編からの続きで多少は楽しめるかも?それ以外の新規視聴者にはお勧めしません。でも、また次回に期待したりするんだな、これが。

作品の詳細

作品名:バイオハザードIV アフターライフ
原作名:Resident Evil: Afterlife
監督:ポール・W・S・アンダーソン
脚本:ポール・W・S・アンダーソン
公開:2010年9月10日
上映時間:97分
制作国:アメリカ、イギリス、ドイツ
製作費:6000万ドル
興行収入:3億ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ビトレイヤー

  2. ジョン・ウィック

  3. ダーティハリー2

  4. アイ・フランケンシュタイン

  5. ザ・ガンマン

  6. ドラゴン・ブレイド

PAGE TOP