ラブ・ロマンス

ビフォア・サンライズ

1995年ベルリン映画祭銀熊賞(最優秀監督賞)受賞!

昨日までの他人が、今は大切な人に。しかし、ふたりで一緒にいられるのはわずか数時間だけ・・・。ウィーンを舞台に、リチャード・リンクレイターが贈るラブストーリー。セリーヌ(ジュリー・デルピー)は、ブダペストからパリに向かうユーロトレインの中で若いアメリカ人の新聞記者ジェシー(イーサン・ホーク)に出会う。ウィーンで途中下車したふたりは、朝日まで町を歩きながら語り合う・・・自然な会話の中から、彼らの人生観、価値観、そして心の奥の微妙な揺れ動きが見え隠れし、ふたりの心にある感情を芽生えさせていた。しかし、別れの時はすでに迫ってきていた・・・。

キャスト:イーサン・ホーク、ジュリー・デルピー

視聴者の声【Amazonレビューより】

主演の二人が とてもお似合いで良い!うっとりする。
特にイーサンの眼差しは キュート過ぎて釘付けになる。
女優さんも色んな表情があって とても素敵。
視聴室のシーンと 翌朝の広場のシーンが特に好き。
シンプルで 景色も雰囲気も とてもいい映画。
ラストの曲も良かった。
続編も即見たが そちらも期待を裏切らない映画でした。
観終わり また この映画を再度見てしまった。
若い二人の初々しさがたまらなく好き。
そして続編もとても胸に響く。
ぜひとも 両方続けて見て頂きたい。
大好きな作品なだけに パッケージの写真が残念。もっとこの映画の雰囲気を表現した写真にしてほしかった。

旅好きでかつ恋愛映画好きの方には間違いなくオススメの映画です。なぜ今までこの映画を知らなかったのだろう?ヨーロッパで列車乗車中に出会った米国人男性とフランス人女性。お互いに惹かれあった2人はウィーンで途中下車し、1日限りのデートを楽しむストーリー。2人が美しいウィーンの街を歩きながら楽しむ会話、表情やしぐさが本当に素敵です。私の(きっと恋愛映画好きの人の)願望を全て満たしたような展開です。登場人物はイーサン・ホークとジュリー・デルビーだけで、街を歩くだけのシンプルな映画ですが、そのアイデア・価値は本当に高い。ジュリー・デルビーの美しさと、2人が醸し出す自然体の演技に脱帽です。数多くの名シーンがありますが、私がいちばん気に入ったのはレコード店の視聴室で2人が意識しあうシーンです。
この映画が素晴らしすぎるので、続編を見るのが少しこわいです。

「恋人関係」にはなれないと初めから感じているからこそ、一瞬・一瞬が大切で相手に思いやりが持てるのかも知れません。そんなもどかしい2人の旅のお話です。時間がゆっくり流れる映画全体のリズムがすごく好きな映画ですっ!ラストのシーンも観る人により感想が少し違ってくるので、ぜひ観ていただきたい。VIDEOを持っているのでDVD購入して永久保存するつもり。

初めはレンタルで見ましたが、あまりにも素敵な映画だったので、是非とも手元に置いて何度も見たいと思い、購入しました。
しかも、ちょうどお安くなってて。

見終わった後、いつまでも素敵な余韻に浸っていました。
そういえば学生の頃、こんな感じのことあったなぁって自分と重ね合わせて見てしまいました。
本当に気の合う人と話すと時間を忘れてずっと話していたくなるのですよね。
街をグルグル歩き回って、朝を迎えて…

最後に、二人が一緒にいた場所が映し出されるのですが、魔法が溶けたみたいな、なんかニクい演出でした。
二人の今後、いったいどうなるのやら、続編を早く見なきゃ

余談ですが、
こんな感じの映画が好きって方に、
アンハサウェイが出演している『ワンデイ 23年のラブストーリー』もおすすめします。

作品の詳細

作品名:恋人までの距離 ビフォア・サンライズ
原作名:Before Sunrise
監督:リチャード・リンクレイター
脚本:リチャード・リンクレイター、イーサン・ホーク、キム・クリザン
公開:アメリカ 1995年1月27日、日本 1995年9月2日
上映時間:105分
制作国:アメリカ、スイス、オーストリア
製作費:200万ドル
興行収入:500万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

 

関連作品

  1. シンデレラ

  2. ラストキス

  3. トゥ・ザ・ワンダー

  4. 幸せのレシピ

  5. 薔薇の眠り

  6. リービング・ラスベガス

PAGE TOP