ドラマ

暗殺者のメロディ

世界史上あまりにも有名な革命家トロツキー暗殺事件を世界的スター、アラン・ドロン主演で完全映画化!

ストーリー:スターリンの密命を受け、フランク・ジャクソン(アラン・ドロン)はメキシコへ旅立った。ロシア10月革命の指導者で、権力抗争に敗れソ連から追放された革命家レフ・トロツキー(リチャード・バートン)を暗殺するためだ。トロツキーは暗殺の危機を感じつつ、厳重な警備に守られ革命活動に没頭していた。フランクはトロツキーに近づくため、彼の秘書ギタ(ロミー・シュナイダー)に接近するが、やがてフランクは任務の重圧により精神的に追い込まれてゆく・・・。

出演:アラン・ドロン、リチャード・バートン、ロミー・シュナイダー、ヴァレンティナ・コルテーゼ、ジャン・ドザイー

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ アラン・ドロンが凄い。

映画は様々な歴史的名人物や場面を描いてきました。映画というメディアが得意とするジャンルであり、多くの観客が偉人をひと目みたいとの思いがあるからでしょう。ロシア革命の大立者、トロッキーの暗殺を描いた作品です。レーニンと共にロシア革命を達成した後、後継者のスターリンには命を狙われます。トロッキーは亡命を続けながらも、言論を武器に革命活動を続けます。ロシア革命を成し遂げたソ連は、ナチス・ドイツとの戦争を控えています。ヒトラーに引けを取らない独裁者がトロッキーの命を狙っています。命の危険を伴いながらトロッキーは自らの革命を成就させるために人に会い続けます。アラン・ドロン扮する暗殺者の心理描写と、トロッキーの亡命先での日常が混ざり合いながら物語は進行します。アラン・ドロンは、美男子の代名詞のような人ですが、殺し屋が似合います。作品自体も、語り継がれる傑作だと思います。

作品の詳細

作品名:暗殺者のメロディ
原作名:The Assassination of Trotsky
監督:ジョゼフ・ロージー
脚本:ニコラス・モズレー
公開:アメリカ 1972年10月13日、日本 1972年11月18日
上映時間:103分
制作国:アメリカ、フランス、イタリア
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ホワイト・オランダー

  2. 完全なるチェックメイト

  3. ストンプ・ザ・ヤード

  4. 決断の3時10分

  5. セッションズ

  6. ジョー・パターノ 堕ちた名将

PAGE TOP