ドラマ

シンシナティ・キッド

頭脳と運と気力の限りをつくす大手合わせをクライマックスに、勝負師に寄せる女の愛の悲しさを描く

ストーリー:スタッド・ポーカーの名手シンシナティ・キッド(スティーブ・マックイーン)は以前ミシシッピー流域を股にかけた活躍で鳴らしたが、現在はニューオリンズで恋人クリスチャン(チューズデイ・ウェルド)と暮らしている。そこへ30年間タイトルを保持したという老ギャンブラー・ランシーがやって来た。ケチな勝負に飽きていたキッドは名人位の奪取に熱を上げるが、先輩のシューター(カール・マルデン)ら周囲の者たちは彼が思い上がっているとしてこれをたしなめる。そしてついに大勝負の日がやって来て・・・。

出演:スティーブ・マックイーン、エドワード・G・ロビンソン、アン=マーグレット、カール・マルデン、チューズデイ・ウェルド、ジョーン・ブロンデル、リップ・トーン、ジェフ・コーリー、ジャック・ウェストン、キャブ・キャロウェイ

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★☆ ポーカーゲームの真髄

まるで『ハスラー』のカード版、という感じの映画ですが、内容はまるで別。こちうらはあくまで敗者の儚さ、脆さを描いています。ランシー(ザ・マン)の言う「この世界に女は必要ない」確かにそうかもしれない。しかしキッドは勝負に負けても、その「女」に救われる。「まるで人生さ」という台詞もあるように、映画の中のカードゲームはまさに何が起こるかわからない。その演出も見事。最後のマクイーンの表情は、冒頭の自信あふれる姿からは想像もできないくらい。繊細な演技をみることができ、かつカードゲームの魅力も楽しめる作品です。

作品の詳細

作品名:シンシナティ・キッド
原作名:The Cincinnati Kid
監督:ノーマン・ジュイソン
脚本:テリー・サザーン、リング・ラードナー・ジュニア
公開:アメリカ 1965年10月15日、日本 1965年10月30日
上映時間:103分
制作国:アメリカ
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ノクターン

  2. スリーパーズ

  3. アフター・アワーズ

  4. 28DAYS

  5. ロスト・エモーション

  6. シークレット・ロード

PAGE TOP