ラブ・ロマンス

僕の巡査

1950年代のイギリスを舞台に、当時は許されなかった同性同士の愛を描いた作品

ストーリー:1950年代ロンドン近郊の海辺の街で、恋人の教師マリオン(エマ・コリン)と順風満帆な生活を送っていた警察官のトム(ハリー・スタイルズ)には、世間に言えない秘密があった。それは、当時は許されていなかった同性同士の恋愛だった。相手は、街に引っ越してきたばかりの博物館キュレーターのパトリック(デヴィッド・ドーソン)で、2人の関係はしばらく続いていくが、それも次第に嫉妬によって崩れていく。時は流れて1990年代、そこには40年の時を経たそれぞれの人生があった・・・。

出演:ハリー・スタイルズ、ライナス・ローチ、エマ・コリン、ジーナ・マッキー、デヴィッド・ドーソン、ルパート・エヴェレット

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 嘘と裏切りと赦し

ワンダイのハリーが主演ということで軽いタッチの作品を予想して見始めましたが、予想外に見応えある胸をうつ作品でした。登場人物は、とある1組の老夫婦。そしてその老夫婦の家で介護される老人男性。3人がどういった関係なのか明示されないまま、物語は現代と過去を行き来しつつ展開します。過去で描かれているのは、まだイギリスで同性愛がラブシェール修正条項に基づき罰せられていた時代。物語の語り部である主人公の女性は、警察官をしている男性とデートを重ねますが、あるとき警官の男性の友人だという別の男性と引き合わされ…というところから少しずつ3人の関係性が詳らかになっていきます。今現在の3人が持つそれぞれのやるせなさが、過去にあったお互いの裏切りによるものである事、その裏切りと嘘が誰にもどうしようもないものであった事が描かれています。そして物語の最後に、本当の心に背いては真に幸せにはなれない事を知り、主人公の女性はある事を決断します。『あまりにもひどい仕打ちをしてしまったから、もう赦してもらえないかもしれない』という恐れを、そっと愛が乗り越えるラストシーンには涙がこぼれました。人生には限りがある、それなら愛は注げるときには惜しみなく注ぐべきなのだと訴えられているようでした。名作です。

作品の詳細

作品名:僕の巡査
原作名:My Policeman
監督:マイケル・グランデージ
脚本:ロン・ナイスワーナー
公開:2022年11月4日
上映時間:111分
制作国:アメリカ
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. バレンタインデー

  2. グリーン・カード

  3. 幻影師アイゼンハイム

  4. 愛は静けさの中に

  5. ラブ・アゲイン

  6. やさしい嘘と贈り物

PAGE TOP