コメディー

フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊

雑誌社で働く編集者と記者たちの物語をつづるヒューマンドラマ

ストーリー:20世紀フランスのとある街には、雑誌「フレンチ・ディスパッチ」の編集部があり、個性的な人々が集まっていた。国際問題はもとより、アートやファッション、美食などのユニークな記事で雑誌は人気があった。だが、ある日仕事中に編集長が急死し、彼の遺言により、フレンチ・ディスパッチ誌の廃刊が決定したため、編集者や記者たちは最終号を発行する・・・。

出演:ベニチオ・デル・トロ、フランシス・マクドーマンド、ジェフリー・ライト、エイドリアン・ブロディ、ティルダ・スウィントン、ティモシー・シャラメ、オーウェン・ウィルソン、ビル・マーレイ、リーヴ・シュレイバー、エリザベス・モス、エドワード・ノートン、ウィレム・デフォー、シアーシャ・ローナン、セシル・ドゥ・フランス、アンジェリカ・ヒューストン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ ウェス・アンダーソンの玉手箱

ウェス・アンダーソン監督が好きな事を詰め込んだ玉手箱。鑑賞だけでなく手元に残して置きたい、そんな愛らしい作品。キャスト、画角、演出、小道具。さらには、道ゆく端役の表情に至るまでが、愛おしく洒落ている。ウィットのきいた笑いと、こだわり抜いたお洒落な世界観。まるで上品すぎるドリフターズのコントを見ているようだ。4つのエピソードはそれぞれ味があるが、「確固たる(コンクリートの)名作」は、全裸のレア・セドゥに驚き、ベニチオ・デル・トロが車椅子で追いかけるシーンで声を出して笑った。とはいえ、全編に渡り、淡々としたその物語と、説明の多い台詞選びは、やや難解で、観るものを選ぶだろう。まさにウェス・アンダーソンによるウェス・アンダーソン好きの為の映画だ。

作品の詳細

作品名:フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊
原作名:The French Dispatch of the Liberty, Kansas Evening Sun
監督:ウェス・アンダーソン
脚本:ウェス・アンダーソン
公開:アメリカ 2021年10月22日、日本 2022年1月28日
上映時間:103分
制作国:アメリカ
製作費:2500万ドル
興行収入:4600万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. 永遠に美しく…

  2. エドTV

  3. ヘル・ベイビー

  4. もしも私が大統領だったら…

  5. オール・チアリーダーズ・ダイ

  6. ヘンゼルとグレーテル

PAGE TOP