ドラマ

ラスト・マップ/真実を探して

父と息子の隠された秘密が、いま解き明かされる

ストーリー:死期が近い祖父ヘンリー(マイケル・ケイン)と暮らしている、足が不自由な銀行員のジェイソン(ジョシュ・ルーカス)。ジェイソンにはザックという息子がおり、妻サラとは別居中である。母はジェイソンが2歳の時に自動車事故で死亡。車に同乗していた自分もその時に足を怪我した、と聞かされていた。そして、父ターナー(クリストファー・ウォーケン)は母の死後に蒸発し、30年もの間、行方不明のままだった。ところがある日、行方をくらましていた父ターナーが突然現れる。ヘンリーは「よく帰った!」と泣いて喜び、皆を誘って食事に出かけるが、それが最後の家族の団欒になってしまう。ヘンリーの死後、彼が残した遺言に従って、ターナーとジェイソンとザックが、オンボロのバンに乗り弔いの旅に出る・・・。

出演:マイケル・ケイン、クリストファー・ウォーケン、ジョシュ・ルーカス、ジョナ・ボボ、グレン・ヘドリー、キャスリン・ハーン、ノーバート・ウェイサー、デビッド・エイゲンバーグ、ローリー・オブライエン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ おかしくも哀しい親子の旅、でもそれが人生

作品のテーマは「死」。死んだおじいちゃん(マイケル・ケイン)の遺言を元に家族が旅をします。それを通して家族の絆と、人生と、そして生きることそのものを表現している作品です。「死」をモチーフにしていますが、雰囲気は重くなりすぎないように、リアルなコミカルさで笑わせてくれます。とくにマイケル・ケイン、クリストファー・ウォーケンが面白かった!二人とも普通じゃない大人。それに主人公は振り回されます。死の予感のあるケインが美人看護婦を見て「ムラムラする」と言ってみたり、ウォーケンが墓地でロックを流したり・・・。ああ、こんなイカレた大人になりたい! そう思いました。ほとんど話題にならなかった作品ですが、出来はいいです。オスカー狙って作ってますから、気合は入ってます。

作品の詳細

作品名:ラスト・マップ/真実を探して
原作名:Around the Bend
監督:ジョーダン・ロバーツ
脚本:ジョーダン・ロバーツ
公開:アメリカ 2004年10月8日、日本 劇場未公開
上映時間:85分
制作国:アメリカ
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. シンデレラストーリー2:ドリームダンサー

  2. ボーイズ・ドント・クライ

  3. ワイルドライフ

  4. あしたの家族のつくり方

  5. ミッシング 〜消された記憶〜

  6. インフェクション/感染

PAGE TOP