ドラマ

オフィシャル・シークレット

イラク戦争を止めようとしたある女性の衝撃の実話

ストーリー:2003年のイラク戦争前。英米両政府は武力行使に向けた準備に入っていた。英国の諜報機関GCHQ(政府通信本部)で働くキャサリン・ガン(キーラ・ナイトレイ)はある日、米国の諜報機関NSA(国家安全保障局)から送られたメールを見て愕然とする。英米がイラク侵攻を強行するため、国連安全保障理事会のメンバーに対するスパイ活動を指示するものだった。その内容に憤りを感じたキャサリンは、元同僚の友人を訪ね、マスコミにリークしたいと相談する。2週間後、メールの内容が英国「オブザーバー」紙の一面を飾った。マーティン・ブライト記者(マット・スミス)の勇気ある告発記事だった。英国の諜報機関GCHQでは、リークした犯人探しが始まり、職員一人一人への執拗な取り調べが繰り返された。キャサリンは、自分の仕事仲間にまで尋問が及ぶ状況に耐えきれず、自ら「リークしたのは自分だ」と名乗り出る・・・。

出演:キーラ・ナイトレイ、レイフ・ファインズ、マット・スミス、リス・エヴァンス、マシュー・グード、アダム・バクリ、インディラ・ヴァルマ、コンリース・ヒル、タムシン・グレイグ、ケネス・クラナム、レイ・パンサキ、ハティ・モラハン、アンガス・ライト

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ Non fiction

義務か正義かの選択は、人生でもあり得る事を再認識させてくれる映画でした。

★★★★★ 日本にもいてほしい存在の主人公

間違っている事に正直にNOと言える人は少ない。(政府や政治家に対して)今回は戦争に関する事だったが、その他の事にも同様な事をした主人公だろう。日本にもいてほしい存在であり、とても勇敢な人だと思う。

★★★★☆ 事実に基づいたストーリーと素晴らしい俳優の演技に満足

ブッシュ政権のイラク戦争については、アメリカ本国でもバイスなど様々な角度から背景が描かれているが、実際に英国で起きていたイラク戦争を巡る事件について、この映画で初めて知った。英国の素晴らしい俳優の演技により、素晴らしい作品に仕上がっていると思う。

作品の詳細

作品名:オフィシャル・シークレット
原作名:Official Secrets
監督:ギャヴィン・フッド
脚本:ギャヴィン・フッド
公開:アメリカ 2019年8月30日、日本 2020年8月28日
上映時間:112分
制作国:イギリス、アメリカ
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. レンブラントの夜警

  2. メンフィス・ベル

  3. 愛すべき夫妻の秘密

  4. ロックアウト 20年目の真実

  5. 復讐者たち ーホロコーストを生き延びたユダヤ人ー

  6. スーパー・タッチダウン

PAGE TOP