スリラー

ドラッグ・チェイサー

ニコラス・ケイジ、麻薬戦争に参戦!

麻薬汚染大陸アメリカ。犯罪組織VS捜査機関の容赦なき攻防!

南米コロンビアで生産された最高純度のコカイン「ランニング・ウィズ・ザ・デビル」がいかにしてアメリカ全土に広がっていくか・・・。麻薬カルテルとアメリカのDEA(麻薬取締局)との攻防を通して、人間の危険な側面があぶり出される。10億ドル(約1060億円)という巨額を巡って、殺しや汚職などあらゆる悪がはびこる様を巧みにテンポよく描いていく。元ネイビーシールズ隊員という異色の経歴を持つ新鋭ジェイソン・カベル監督が映像化、息もつかせぬストーリー展開で観る者を危険な世界へと誘う。

ストーリー:南米コロンビアで生産された高純度コカインが、最大の消費地アメリカ合衆国に向けて陸路で送り出された。カナダに拠点を置く麻薬組織に属するベテラン運び屋ザ・クック(ニコラス・ケイジ)も動き出す。そこは欲望に駆られた人間による裏切り、騙しあい、そしてDEA(アメリカ麻薬取締局)の追跡捜査が続く混沌とした世界だった・・・。

出演:ニコラス・ケイジ、ローレンス・フィッシュバーン、レスリー・ビブ、バリー・ペッパー、アダム・ゴールドバーグ、クリフトン・コリンズ・Jr、コール・ハウザー、ピーター・ファシネリ、ナタリア・レジェス

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★☆ 無駄のない編集

新作『ワンダーウーマン1984』の後でこの作品を観ました。なんとも対照的な映画の作りです。こちらは、無駄なセリフを排し、大げさなアクションや効果を抑え、リアリティーで迫る久しぶりの映画です。麻薬の運送中に何人の犠牲がでるか、指折り数えてみていると、決してペイしない仕事だよと教えてくれているようです。やや粗削りな作風が1970年代を思わせ、テンポは緩みません。映画はこの方が良いと思います。

作品の詳細

作品名:ドラッグ・チェイサー
原作名:Running with the Devil
監督:ジェイソン・カベル
脚本:ジェイソン・カベル
公開:アメリカ 2019年9月20日
上映時間:100分
制作国:アメリカ
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. COP CAR/コップ・カー

  2. クライム・オブ・パッション

  3. アンテベラム

  4. ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い

  5. キャッシュトラック

  6. ジュラシック・ワールド

PAGE TOP