スリラー

ドローン・ヴァイルス

予測不能の展開が待ち受けるメディカル×ハイテク・サスペンス! 

ストーリー:スキャンテック社が開発した最新鋭のMRI。それは今まで発見することが困難だった微小なガン細胞までも見逃さない画期的な検査装置のはずだった。しかしそのMRIで診察を受けた人が発作を起こして死んでしまう事故が連続的に発生する!! なぜ検査中に発作が起きてしまうのか・・・。MRIのプログラムに問題が? 医師による医療ミスなのか? それとも、事故ではなく殺人なのか・・・。

出演:ビリー・ワース、メイヴ・クインラン、マイケル・エンサイン、クリスタ・キャンベル、バーバラ・ニーヴン、アダム・ケンドリック、デヴィッド・ジーン・トーマス、タリア・リン・プレイリー、レイチェル・フェルドマン、エリザベス・ジャローズ

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★☆ あらん?ドローン

B級映画(低予算、無名俳優)を前提に見てください。Droneとは「雄バチ、なまくら者、役立たず」の意味。最新型のMRI検査中に娘が発作を起こし死亡。病院側の弁解がましい説明に納得できず、娘の死因に疑問を感じた父親は院内に潜入。そこで発見したものはMRIプログラムに仕掛けられた、BEEと入力された何も作用しないコンピュータ・ウイルス。病院は何を隠そうとしているのか?誰がウイルスを何の目的で仕掛けたのか?父親はどうして病院に潜入する事ができたのか?役立たずのBEEが集合した時に何が起こるのか?物語は社会派的サスペンス(少し大げさかな)の様相を呈しながら進行して行きます。科学的、技術的な陳腐さは否めませんが、結構最後まで楽しめます。

作品の詳細

作品名:ドローン・ヴァイルス
原作名:The Drone Virus
監督:デイモン・オースティン
脚本:ジェラルド・クラーク
公開:アメリカ 2004年10月10日
上映時間:95分
制作国:アメリカ
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. マローボーン家の掟

  2. 人質

  3. われらが背きし者

  4. カットバンク

  5. レディ・イン・ザ・ウォーター

  6. すべてが変わった日

PAGE TOP