コメディー

ゾンビ・ハイスクール

スポーツ!勉学!サバイバル?

ゾンビの巣窟と化した進学校から脱出しようとする落ちこぼれ生徒たちを描いたアクションホラー

ストーリー:アメリカ屈指の名門リンカーン高校。いじめられっ子のエディは、いじめっ子のブラッド、学校一の美女でチアリーダーのジャネット、アメフト部のジミー、ゾンビ映画オタクのパンク少女ウィローらと一緒に補習授業に参加していた。すると突然、生徒の一人がうめき声を上げ苦しみ出す。そして保健室に連れて行こうとした先生に噛み付き、教室内は大騒ぎに。エディたちが外に逃げ出すと学校中の先生、生徒がゾンビと化していた!

キャスト:ヤコブ・ザッカー、アレクサ・ニコラス、ジェイソン・ブレア、クリスタ・B・アレン、ジャスティン・チョン、マックス・アドラー、ミシェル・メスマー

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 小品ながら良作です

オープニング・クレジットを見ると、舞台劇が 原作のようですね。教室に次々と個性的な生徒達が登場する序盤は、ドリフの学校コントのようで楽しいです。立て籠り~脱出というゾンビ映画の定型の展開を学校内だけで展開するアイデア、登場するキャラクターも学園コメディの定型のようなキャラクターなのに深みがあり、原作が良いのでしょうか、とても良くできた脚本だと思いました。ゾンビのタイプは、基本ノロノロタイプで、まれにダッシュタイプ、なぜ二種類いるのかも、登場人物が説明してくれます。他のレビュアーの方々も書かれていましたが、エンディングにかかる曲、素晴らしいです。思わず調べてみると、この映画の6年前に発表された曲らしいので、この映画のための主題歌ではないようですが、こういう曲をエンディングにもってくるセンスもいいと思います。とにかく、これでワンコインならお得でしたよ。ただ、この映画で感動できるのは、学生時代にイケてないオタクタイプ男子のみのような気もします。(まあ、学生時代イケていたスボーツマンタイプ男子はこういう映画みないだろうな・・)自分は当然感動しました!!

★★★★★ コメディホラー!楽しいし、痛快♪

ストーリー→学校が突如「ゾンビの巣窟」に・・・!?ありがちな「コメディ ゾンビホラー」ですが、キャラ立ちが良いので十分に楽しめます☆(細かい「見せ場」もしっかり用意されていて最後まで飽きません)「風変わりな学園モノ」としても楽しめるので、オトクかも^^ゴスロリの少女が素敵です☆オタクな主人公も頑張ります!

★★★★☆ 見るからにB級テイストだが、結構良作

もうパッケージから何から見るからにB級ゾンビ映画だと分かりきったような作品。でも、確かにB級系ではあるかもしれないが、見応えのある娯楽作に仕上がっている。特に過去の名作ホラー作品ネタも多く、ホラー愛好家が観ると面白い発見が随所に散りばめられていて、監督のこだわりが感じられますね。キャラクターの個性も光っていて、各役割がしっかりとしており、俳優の名演もあって引き込まれます。学園物との融合というありがちなようでその特徴や要素を上手く活かしているのも魅力です。青春ラブコメディ物として無駄のない昇華をしている。とにもかくにも、この映画はゾンビ映画ファンによるゾンビ映画ファンの為のゾンビ映画としておすすめの一本。特にエンディング曲がお気に入り。

★★★★☆ ラストにかかる主題歌が良い

状況説明は一切省略、キャラ説明最低限で速攻ゾンビパニックに突入のサービス精神。どうせゾンビ映画の設定なんてこの映画を見ようと思う人々ならみんな知ってるし、ふざけた娯楽映画なんだからこういうのも良い。物語の大部分は図書室に籠もったままなので下品なギャグでふざけすぎてる中盤はちょっとダレましたが全体的にはとても面白いです。ラストの主題歌(SpritesのGeorge Romeroという曲) も非常に良いのでネットで探して買いました。

★★☆☆☆  落ちこぼれが活躍! と必ずしもなっていないのが残念。

学校で突然のアウトブレイク!補習で集められていた 落ちこぼれ達が 生き残りの為運命共同体に・・・とプロットを見ると 面白くなりそうなのですが 残念なでき。行き当たりばったりで 目的がはっきりしない為 だらだらした展開。ゾンビのメイクは60点くらいの出来。演技はいまいちで うぉぉぉ!肉くわせろぉぉ!という気迫が足りない。終盤に 謎の覚醒でゾンビを片っ端からやっつける展開があります。かなり唐突な感じですが 無いよりはあった方が良かったと思います。オープニングとエンディングは お洒落な感じで良かったです。とくにオープニングの歌は ゾンビファンは必聴です!

★☆☆☆☆ コメディのつもりなのか?

どうみてもハイスクールの年齢にみえないメガネ君、セクシーチアリーダー美女(「処女では死にたくない」だと!!)、ゴス美女、体育会系男、ヤク中東洋人、その他数名が「ダレも来ないから」という理由で(ロメロのショッピングモールのパロか?)図書室に立てこもる。外はゾンビがうようよと死体を食ってる。にしては、登場人物とのスリリングな絡みもほとんどなく、うちわのユルイ会話が続く。コメディのつもりなんだろうか? あまりにユルすぎて苦痛でした。。。

作品の詳細

作品名:ゾンビ・ハイスクール
原作名:Detention of the Dead
監督:アレックス・クレイグ・マン
脚本:ロブ・リノフ
公開:アメリカ 2013年6月28日
上映時間:87分
制作国:アメリカ
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ハングオーバー・ゲーム

  2. 踊るマハラジャ★NYへ行く

  3. バーン・アフター・リーディング

  4. スリーメン&ベビー

  5. ピンクパンサー2

  6. ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード

PAGE TOP