コメディー

ウディ・アレンの重罪と軽罪

マンハッタン。男と女。愛が生み出す小さな罪。罰を与えるのは誰?

ストーリー:ドキュメンタリー作家のクリフ(ウディ・アレン)は、売れっ子プロデューサーの義弟レスターの自伝番組の監督を頼まれ気が進まないまま撮影に入るが、製作補のハリー(ミア・ファロー)に魅かれていく。一方、成功した眼科医のジューダ(マーティン・ランドー)は不倫相手のドローレスから結婚をせがまれ、困った末にギャングと関係する弟のジャックに相談する。ジャックはある方法で問題を解決し、ジューダは自分のしでかした事の重大さに後悔する。クリフは離婚し、ハリーとの生活を夢見るが彼女が選んだ相手は意外な男だった・・・。ニューヨークに暮らす男たちが犯してしまう小さな罪。それは社会の明るみには出なくとも、彼らの心の奥に静かに染みこんでいく・・・。

出演:マーティン・ランドー、ウディ・アレン、ミア・ファロー、アンジェリカ・ヒューストン、アラン・アルダ、ジェリー・オーバック、ジョアンナ・グリーソン、クレア・ブルーム、サム・ウォーターストン、キャロライン・アーロン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★☆ シリアスだけどユーモアは健在!ウディ・アレンの佳作。

ウディ・アレンの映画の中でもシリアスな部類に入る作品。大笑いするようなシーンはあまりありませんが、ウディ・アレンらしい上質のコメディです。系統的には『マッチポイント』に近いです。主人公が不倫(軽罪)に手を染め、関係のもつれから愛人を殺害(重罪)してしまい、自責の念にかられながら生きていく…というちょっと重い話ですが、独特のユーモアと皮肉を織り交ぜて淡々と綴ります。人生の勝ち組と負け組が辿る不条理な人生をシニカルに描いていたり、なかなか深くて興味深い人間ドラマですよ。ウディ・アレンの『アリス』でお馴染みのミア・ファローが『重罪と軽罪』にも出演しています。相変わらずかわいいです。

作品の詳細

作品名:ウディ・アレンの重罪と軽罪
原作名:Crimes and Misdemeanors
監督:ウディ・アレン
脚本:ウディ・アレン
公開:アメリカ 1989年10月13日、日本 1990年4月6日
上映時間:103分
制作国:アメリカ
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. セクシャリティー

  2. 五日物語‐3つの王国と3人の女‐

  3. ブロンコ・ビリー

  4. ペーパーボーイ 真夏の引力

  5. ルックアウト/見張り

  6. スリー・キングス

PAGE TOP