ドラマ

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

ボブ・ディランが憧れた伝説のシンガーたちがいた

劇中を彩るフォーク・ソングの名曲の数々。オスカー・アイザックの奇跡の歌声が響き渡る

ストーリー:物語の舞台はまだマスコミやレコード会社などが発達していなかった1961年、NYのグリニッジ・ヴィレッジ。ライブハウスで歌うフォーク・シンガーのルーウィン・デイヴィス(オスカー・アイザック)は、最近何をやっても裏目に出てばかり。一文無しで知り合いの家を泊まり歩く日々。つい手を出した女友達からは妊娠したことを告げられ、おまけに仕方なく預かるはめになった猫にも振り回される始末。山積みになったトラブルから逃げ出すようにルーウィンはギターと猫を抱えて人生を見つめ直す旅に出る・・・。ジャズ・ミュージシャン、ローランドとの悪夢のようなドライブ、歌への信念を曲げれば成功するかもしれなかった有名プロデューサーのオーディション、年老いた父との再会の末、とうとう歌をやめて父と同じ船員に戻ろうと決意するが、それさえもうまくいかない。旅から戻りあらゆることに苦しめられ打ち拉がれたルーウィンはまたNYのライブハウスにいた。歌い終えたルーウィンがふとステージに目をやると、そこにはやがてフォークの世界を大きく変えることになる無造作な身なりの若者、ボブ・ディランらしきシンガーの姿が。同じような日々がまた回り始めたかのようにみえるルーウィンの人生。しかしその外側で、彼の想いを受け継いだかのように、新しい時代がすぐそこまでやってきていた・・・。

出演:オスカー・アイザック、キャリー・マリガン、ジョン・グッドマン、ギャレット・ヘドランド、ジャスティン・ティンバーレイク、F・マーリー・エイブラハム、スターク・サンズ、アダム・ドライバー

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ フォークソングの黎明

夢を追って生きるって、こんな感じ。なかなか芽は出ないし、ひもじいけど我慢して。妙な自信と期待。そして、挫折の繰り返し。「才能あるよ」って支持してくれる人もいるけれど、身内や社会全体から「いつまで何やってんだ」みたいな圧力うけつづけ。歩いて歩いて歩き回って疲れはて。リスク抱えながらどこまでねばれるか。あとは運。姉さんが免許証捨てちゃったのも、運。このことがなくて船乗りになってたとしても、それも人生(むしろそれが普通の)ってことなんだろうけど。縛り首の曲もニシンの曲も王妃様の曲も、なかなか味がある。「カネのにおいがしない」って褒め言葉かと思ったくらい。

★★★★★ Inside Dave Van Ronk

60年代に興味があるので、見ました。主人公のモデルは、あのボブ・ディランが憧れたフォーク・シンガー、デイブ・ヴァン・ロンク。恥ずかしながら、この映画をきっかけに知りました。主演のオスカー・アイザックが歌うシーンから始まるのですが、グッと引き込まれます。歌もギターも巧い!アナログ盤のサントラも購入しました。

★★★★☆ 結局猫はどうでもよかったんですね

地下鉄のあの有名な猫のシーンの動画からこの映画を知りました。あとで監督が言っていますが、役者が手持ちぶさただったので小道具として猫を出したとか。道理で、猫が途中でストーリーからすっかり消えてしまってそのまま終わっても気にも留めてないんだろうなと。私はメインのストーリーはそっちのけで、いなくなった猫がその後どうなったのかそればかり気になってしまいました。オスカー・イサックの声は優しく、演技も素晴らしかったです。

作品の詳細

作品名:インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
原作名:Inside Llewyn Davis
監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
脚本:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
公開:アメリカ 2013年12月6日、日本 2014年5月30日
上映時間:104分
制作国:アメリカ、フランス
製作費:1100万ドル
興行収入:3200万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. 危険な関係

  2. きいてほしいの、あたしのこと ウィン・ディキシーのいた夏

  3. パーフェクト・ワールド

  4. ファイナル・ソルジャー

  5. ブレイブハート

  6. バッド・ルーテナント

PAGE TOP