ドラマ

ジャック・フロスト

生まれ変わって最初に会いたかったのは・・・大切な家族

ストーリー:ロックバンドのボーカル、ジャック・フロスト(マイケル・キートン)。ある日彼は事故に遭い、愛する妻ギャビー(ケリー・プレストン)と息子チャーリー(ジョセフ・クロス)を残して逝ってしまった。しかし一年後、奇跡が起きる!彼はチャーリーの作った雪だるまとなって復活したのだ。チャーリーに語りかけ、一緒にホッケーやスノボーをし、これまでにない楽しい時間を過ごすジャック。だが一方で、何も知らないギャビーたちは、雪だるまに話しかけるチャーリーの姿に不安を抱きはじめ・・・。

出演:マイケル・キートン、ケリー・プレストン、ジョセフ・クロス、ヘンリー・ロリンズ、アーメット・ザッパ、マーク・アディ、ミカ・ブーレム、アンドリュー・ローレンス、イーライ・マリエンタール、テイラー・ハンドリー

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 感動映画

昔家族で観たのを思い出してもう一度みたくてレンタルしました。親が子供を思う気持ちと子が親を思う気持ち。どんなタイミングで何かに気付けば運命が変わったのか、親の事も子供の事も考えたくなる内容です。自分が子供ながらに真剣にみてたのを思い出し、大人になって結婚して家族が出来て見返すとまた違う気持ちで観れてとても感動しました。もう少し子供が大きくなったらまた子供と一緒に観たいと思います。

★★★★★ アメリカの雪だるまは3段ですね

ファンタジー映画として、彼女や子供さんと一緒見て下さい。とても寒いクリスマスに起こったメルへンや親子の愛情いっぱいのストーリーで、雪も溶けちゃいそうです。いや、ホントにパパの雪だるまが溶けてしまいそうになって痛々しいほどです。なんでもかんでもCGで処理されてしまう映画が多い中で、とても自然に必要性のあるCGの使い方がされていて、見ていても楽しいです。『バットマン』で有名になったマイケル・キートンの違った一面が見られます。

★★★★☆ ついつい観てしまう

ストーリーとしてはオーソドックな展開なんだけど、安心して何度観ても楽しめる映画。いつもはアクがちょい強すぎるマイケル・キートンが、このアットホームな映画ではちょうど中和されていてなかなか良いし、息子役の少年もむちゃくちゃ可愛い。本当はちょっと悲しくておとぎ話チックな話なんだけど、楽しくさらりと、だけどドライにならずに最後まで見せてくれる。でもって見た後爽やかな気分で「良かった」って思える映画ってありそうで結構ない。多分3回以上は見てるけど何気に飽きないんですねえ。ちなみにこの映画冬になるとアメリカではテレビでちょくちょく放映されてます。可愛らしさにこびないマイケル・キートンのスノーマン(こんな愛らしくないスノーマンは初めて)は最高だし、大人でもこどもでも楽しめます。

作品の詳細

作品名:ジャック・フロスト
原作名:Jack Frost
監督:トロイ・ミラー
脚本:マーク・スティーヴン・ジョンソン
公開:アメリカ 1998年12月11日、日本 劇場未公開
上映時間:101分
制作国:アメリカ
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. マーガレット

  2. シングルマン

  3. ヘザース/ベロニカの熱い日

  4. ミケランジェロ・プロジェクト

  5. プリティ・リーグ

  6. 私に会うまでまでの1600キロ

PAGE TOP