コメディー

ナッシング・トゥ・ルーズ

出会ってはならない大迷惑な2人がまき起こす、ノンストップの笑いと大混乱ストーリー!

ストーリー:   ロサンゼルスに住む広告会社の重役ニック(ティム・ロビンス)。彼はこともあろうか自分の妻が、自分の会社の上司と浮気している現場を目撃してしまった。おまけに彼の車にカージャッカーがやってきた。もはや失うものなどなにもないニックは、「逆噴射」からそのカージャッカーと2人で大暴走をはじめた・・・。

出演:ティム・ロビンス、マーティン・ローレンス、ジョン・C・マッギンリー、ジャンカルロ・エスポジート、ケリー・プレストン、マイケル・マッキーン、レベッカ・ゲイハート、サマリア・グレアム、イルマ・P・ホール

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ とても楽しいお話です!

『ショーシャンクの空に』ではまり役だったティム・ロビンスですが、コメディをやらせてもやっぱりおもしろいです。一見性格も環境もほぼ正反対の二人が手を組んで、そのうちお互いに少しずつ影響を受けていく様子がいいですね。見終わったあと、きっとほのぼのとした気分になれると思います。

★★★★★ コメディのティム・ロビンスも良いですね!

コメディをやってるティム・ロビンスは初めて見たのですが、おそらく我々がもっているであろう彼に対するイメージにぴったりのまじめな会社員で良い夫の主人公が、ある出来事をきっかけにはちゃめちゃな行動にでるギャップが最高でした。マーティン・ローレンスも悪ぶってはいるものの、悪になりきれないところを彼のルックスもふくめて自然に表現できているところなど、はまり役だったと思います。笑いだけでなく心温まるシーンもいっぱいで、老若男女問わずお薦めします。最初にレンタルビデオで借りて見たあとに、結局DVDを買ってしまいました。

★★★★☆ ハリウッド

スピーディーな展開で面白かった。主人公の妻を演じたケリー・プレストンがきれいだった。

作品の詳細

作品名:ナッシング・トゥ・ルーズ
原作名:Nothing to Lose
監督:スティーヴ・オーデカーク
脚本:スティーヴ・オーデカーク
公開:アメリカ 1997年7月18日、日本 1998年4月16日
上映時間:98分
制作国:アメリカ
製作費:2500万ドル
興行収入:4400万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す
楽天SHOWTIME

関連作品

  1. アメリカン・パイ

  2. ショーン・オブ・ザ・デッド

  3. ドクター・ドリトル3

  4. Mr.マグー

  5. マイアミ・ガイズ ― 俺たちはギャングだ ―

  6. スーパーポルノスター エレクトラ あなたのお悩み解決します!

PAGE TOP