ラブ・コメディ

プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角

普通の女子高生と大富豪の御曹司との身分違いの恋を描く、甘酸っぱくて切ない80年代の大ヒット青春ラブストーリー

ストーリー:失業中の父と暮らす高校生のアンディ(モリー・リングウォルド)は、貧しいけれどおしゃれで成績抜群の女の子。そんな彼女にハンサムなお金持ちのお坊ちゃまブレーン(アンドリュー・マッカーシー)がデートを申し込んできた。大喜びするアンディだったが、この身分違いの恋にさまざまないやがらせや嫉妬が起きて・・・。

キャスト:モリー・リングウォルド、アンドリュー・マッカーシー、ジョン・クライヤー、ハリー・ディーン・スタントン、アニー・ポッツ、ジェームズ・スペイダー、ケイト・バーノン、エミリー・ロングストレス、ジム・ヘイニー

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ トップガンと2本立てだった

もうかれこれ30数年前、トムクルーズ主演のトップガンを見に行ったら2本立てで、『プリティ・イン・ピンク』が始めに上映されて、『トップガン』に負けず劣らずいい勝負していた。青春映画のヒロイン、モリーリングウオルドの作品はすべて見ていたが、この作品が一番よかった気がする。素敵な片思い、『ブレックファスト・クラブ』も再度見てみたい。

★★★★★ 懐かしいです。

高校時代に見た映画を、もう一度見たくなり、つい買ってしまいました。当時、アンドリュー・マッカーシーのファンでしたが、『プリティ・イン・ピンク』ではダッキーにキュンとしました。今見ても、それは変わりませんでした。サントラも素晴らしく、色褪せない作品だと思います。

★★★★☆ フィードバック

若かりし頃観た映画です。懐かしさもあって思わず買ってしまいました。あの頃に戻った気分になり切なくもキュンとなりました。とてもいい映画です♬

★★★★☆ ほろっとさせる青春ラブストーリー

ひと昔前?のアメリカの若者たちの青春をストレートに描いた秀逸な作品。ストーリーはいたって単純で最後まで飽きさせない。ラストはぐっとこみあげてくる熱いものがある。今の大学生や高校生にもぜひ見てほしい。

★★★☆☆ チープでカワイイ映画

80年代を駆け抜けたジョン・ヒューズとモリー・リングウォルドの代表作。チープでカワイイファッションは見ているだけで楽しい。これまたお話はありがちな夢物語に近いものですが、結構シビアなのが面白い。

作品の詳細

作品名:プリティ・イン・ピンク恋人たちの街角
原作名:Pretty in Pink
監督:ハワード・ドゥイッチ
脚本:ジョン・ヒューズ
公開:アメリカ 1986年2月28日、日本 1986年11月15日
上映時間:97分
制作国:アメリカ
製作費:900万ドル
興行収入:4000万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ベガスの恋に勝つルール

  2. ダメ男に復讐する方法

  3. カフェ・ソサエティ

  4. マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

  5. ジョー、満月の島へ行く

  6. 理想の恋人を見つけるための7つのジンクス

PAGE TOP