スリラー

イントゥ・ザ・ブルー2

最も危険なダイビング、再び!!

ジェシカ・アルバの大ヒット・アクションアドベンチャーに続く待望の第2弾!

ストーリー:沈没船の伝説の財宝を手に入れることを夢見て、ハワイで暮らすセバスチャン(クリス・カーマック)と恋人のダニー(ローラ・ヴァンダーヴォート)。ある日、彼らの元を訪れた男女から、ハワイの海に沈む“フセインの隠し財産”のコンテナ探しの手伝いを持ちかけられる。危険と知りながらも、セバスチャンは報酬と引き換えにそれを引き受け、コンテナを発見する。しかし、その中身は核弾頭の一部だった! 一体それは何のためにあるのか? そして、彼らは財宝を手に入れることができるのか!?

出演:クリス・カーマック、ローラ・ヴァンダーヴォート、デヴィッド・アンダース、マーシャ・トマソン、マイケル・グラジアデイ、ティモシー・レヒナー、マーセア・モンロー、オードリーナ・パートリッジ

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 俺にもこんなBOSSが欲しい!

セクシー・シーン満載の作品であることは、ジャケットを見れば分かるでしょう。男性は悩殺されてテントを張ってしまうこと必至でしょう(*’∀`)♪ところで、本作品は、前作登場したジェシカ・アルバは登場しません。しかし、あの某女優は登場していますよ?内容は、前作と同様に生活は決して裕福ではないカップルが、とあるビジネスを請け負うことになり、それがキッカケで様々な悲劇に直面することになります。夢を実現させうる巨額のビジネスには、やはりハイリスクな陰謀が渦巻いていたわけです。振り込め詐欺同様、旨い話には裏があるということです。陰謀に気付いた二人は、葛藤します。金と夢か今までと変わらぬ幸せかを迫られるのです。二人の決断は!?それは、是非作品を見て理解して下さい!お勧めです!

★★☆☆☆ 見劣りする2作目

二作目の本作はハワイが舞台となったがハワイの風景やハワイの良さを全く活かせてない残念な映像であった。また長すぎるビーチバレーやクラブでのシーンと言った意味のないムダな映像も多く、時間を引き伸ばしてる感じがした。そして何よりハワイに全く似つかわしくないサウンドが最悪だった。大まかなストーリーは1作目と同じで、ラストにかけての対決はなかなか良かったがそこに至るまでの退屈さは補えていない。1作目に比べるとだいぶ見劣りする内容は否めないのではなかろうか。

作品の詳細

作品名:イントゥ・ザ・ブルー2
原作名:Into the Blue 2: The Reef
監督:スティーヴン・ヘレク
脚本:ミッチェル・カプナー
公開:アメリカ 2009年4月21日
上映時間:92分
制作国:アメリカ
製作費:1400万ドル
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. グリフターズ/詐欺師たち

  2. ザ・デイ・アフター

  3. KRISTY クリスティ

  4. 下宿人

  5. ビーチ・シャーク

  6. エンド・オブ・トゥモロー

PAGE TOP