サスペンス

陰謀のセオリー

世界は、陰謀に満ちている。解けた謎が、新たな謎を生む。驚愕のノンストップ・サスペンス

ストーリー:ニューヨークのタクシードライバー、ジェリー・フレッチャー(メル・ギブソン)は、毎日、乗客たちに世界に満ちあふれた「陰謀」 を休みなく語り続けていた。そんな彼には、過去の記憶がない。ただ、アリス・サットン(ジュリア・ロバーツ)を守るという使命と”ジェロニモ”という謎の言葉だけが脳裏に焼き付 いていた・・・。いったい彼は誰なのか。なぜアリスを守るのか。彼女にはどんな危機が迫っているのか。やがて謎は、一つ一つ現実の恐怖となって2人に襲いかかる。

出演:メル・ギブソン、ジュリア・ロバーツ、パトリック・スチュワート、ドナル・ギブソン、アレックス・マッカーサー、テリー・アレクサンダー、スティーヴ・ケイハン、シルク・コザート

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 良いです

傑作だと思います。ジュリア・ロバーツが最も綺麗で、もメル・ギブソンも脂がのっていた頃。最後も粋です。

★★★★★ メル・ギブソンの真骨頂♪♪

洗脳された経験を持ち、適応障害のようば症状を持つ主人公を見事に演じているんで、何回見てもその迫真の演技に吸い込まれれてしまいます。

★★★★☆ まさに陰謀

出だしでつまらない、ハズレかと思いきや、最後まで観たら心温まりました。事実も含まれてるので、本当に恐ろしい。

★★★★☆ 世界のどこかで・・・

初めて見た時はメル・ギブソンとジュリア・ロバーツというキャストからして、お手軽なハリウッドストーリーだと思ったのですが、骨太の傑作です。世界のどこかでは本当にこんな事が行われているのかもしれない、そんな気味の悪さを感じた映画でした。メル・ギブソン、そのイカれっぷりは普段のカッコいい姿とは全く異なるのですが、こういう役でも魅力的です。そしてジュリア、ラブコメよりこういったシリアスな役の方が彼女の良さが出ると思います。彼女は人気だけでなく実力も伴った大女優だと再確認。脇を固めるミュータント学校の校長先生パトリック・スチュワートもすごくいい味だしています。この人こういった役ぴったりですね。しかしこんな映画を見ると日常生活をおくるのが怖くなりますね。最も狙われるような重要人物じゃないけど・・・。

★★★☆☆ メル・ギブソン異色の演技

この作品でメル・ギブソンが演じるのは、ちょっと頭のおかしい人なのですが、その表現の仕方がうまいです。あの独特のギラギラした目をキョロキョロさせて、やたらと早口でセリフを言ったり、落ち着きのない動きをしたりと、観ていてすごいなと思います。劇中で目を無理矢理開けさせられるシーンは笑ってしまいますが、それ以外は映画の内容はさておき、メル・ギブソンの演技が光る作品です。

作品の詳細

作品名:陰謀のセオリー
原作名:Conspiracy Theory
監督:リチャード・ドナー
脚本:ブライアン・ヘルゲランド
公開:アメリカ:1997年8月8日、日本:1997年11月1日
上映時間:135分
制作国:アメリカ
製作費:7500万ドル
興行収入:1億3600万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

作品に出てくる英語

round up:【句動】かき集める
store:【動】保存する、格納する
thaw:【名】解凍、解けること
pretext:【名】口実、名目、こじつけ
militia group:武装集団
fait accompli:【フランス語】既成事実
toast:【俗・形】おしまい、命運が尽きる
patsy:【俗・名】騙されやすい人
self-published:【形】自費出版の
kook:【俗・名】変人
spin one’s wheels:【俗】無駄な努力をする、時間を浪費する
fester:【動】化膿する、腐る
scab:【名】かさぶた
strip:【名】細長い一片
pal:【呼びかけ】おい、君
bullshit:【卑・俗】たわごと、でたらめ
squash:【動】ぺちゃんこにする、押しつぶす
some:【形】大した、なかなかの
wreck:【動】破壊する
dumb:【話】ばか、まぬけ
creep:【話】気味の悪いやつ
wacko:【俗】変な奴
hand around:【句動】うろつく、ブラブラする
main:【名】(水道管の)本管
wishbone:【名】(鳥の胸の)叉骨
snap:【動】ポキッと折る
ripe for the picking:熟していい収穫時である
blindfold:【名】目隠し
slip:【名】伝票、メモ用紙
wiretap:【名】盗聴
life:【俗】終身刑
psychotic:【名】精神異常者
seismic:【形】地震によって引き起こされる
passe:【形】時代遅れの
fault line:断層線
milk cow:金のなる木
on top of:仕事を片付けて、熟知して
beaucoup:【フランス語・副】大いに、たくさん
overtime:【形・副】時間外に
fishy:【話】胡散臭い、あやしい
balls:【俗】度胸、勇気
spook:【俗・名】スパイ
count for~:~の価値がある
gravy:【俗・名】うまい汁
complicit:【形】犯罪に加担する
switch:【動】交換する
chart:【名】カルテ
initials:【名】頭文字
trade bullets with~:~と銃撃戦をする
have it coming:当然の報いである
keep in touch:連絡を取り合う
grueling:【形】(精神的・肉体的に)きつい
jurisdictional:【形】管轄の、権限の
counterfeiting:【名】偽造
a string of~:一連の~、相次ぐ~
shrink:【俗・名】精神科医
if only:ただ~でさえいればいいに
Serpico:【映画】アルパチーノ主演の映画
be in a tight spot:窮地に立っている
rail:【名】手すり
keep someone company:~と一緒にいる
gallstone:【名】胆石
proctology:【名】肛門病学
plot:【動】陰謀を企てる
oddly:【副】奇妙に、変に
possessive behavior:所有行動
tolerate:【動】許可する、大目に見る
mug:【動】襲って金を奪う
input:【名】(情報・知識の)提供
figure of speech:言葉のあや(例え)
lunatic:【軽蔑・名】狂人
rearview mirror:バックミラー
wraparound:【形】内側に湾曲した
legitimate:【形】正真正銘の
as opposed to~:~とは対照的に
interagency cooperation:省庁間の協力
humble abode:質素な住居
read up on~:読んで~の知識を得る
equitation:【名】馬術
hit a nerve with~:~の神経にさわる
podium:【名】演壇、表彰台
disinformation:【名】偽情報、デマ
horse around:【句動】ふざける、バカ騒ぎする
hub:【名】拠点
flight:【名】階と階との間の一続きの階段
incinerator:【名】焼却炉
safe and sound:無地に
still:【形】じっとする
take~out of context:前後関係を無視して理解する
treadmill:【名】ランニングマシン
maniac:【軽蔑・名】狂人
alleyway:【名】路地
for a rainy day:もしもの時に備えて
bladder:【名】膀胱
folks:【話】人々、家族
by nature:生まれつき
in an orderly fashion:規則正しく
cease and desist:【法律】停止する
on sight:見るとすぐに
be inclined to~:~したい気がする
credentials:【名】信用証明物
bulletin board:掲示板
elaborate on~:~を詳しく述べる
faction:【名】派閥
you name it:などなど
complex:【名】複合体
hand and glove:癒着関係、密接な関係
fiasco:【イタリア語】失敗、失態
limo=limousine:【名】リムジン
chlorine:【名】塩素
resolve to~:~を決心する
forward:【動】転送する
regrettably:【副】遺憾なことに
vulgar:【形】品のない
induce:【動】し向ける、誘導する
sensory:【形】感覚の
deprivation:【名】喪失
pay penance:罪滅ぼしをする
sanction:【動】認める、許可する
imperative:【形】必須の、避けられない
off-ramp:出口ランプ
be feared~:【形】~と見られる
certifiable:【形】気がおかしい
keep one’s end of the bargain:~の約束を守る

関連作品

  1. 依頼人

  2. ボーン・コレクター

  3. グッド・シェパード

  4. マイ・ブラザー 哀しみの銃弾

  5. ブラックサイト

  6. 聖なる狂気

PAGE TOP