アクション

ハンコック

その強さ、炸裂!! 史上最もハチャメチャなヤリすぎアクション・ヒーロー登場!

ストーリー:超人パワーで悪を退治し、街を守る男ジョン・ハンコック(ウィル・スミス)。<不死身>で何千年も生きている、地上にただ一人の存在。しかし、コントロールのきかない超人パワーのせいで事件解決の度に街を破壊、いつしか嫌われ者のヒーローになってしまう。でも本人は全く反省する気もなく、酒瓶を片手酒臭い息を吐きながら市民に悪態をついている。・・・でも本当は孤独で寂しかった。なぜ自分だけ違うのか?そんな時に出会ったPR会社で働くレイとその家族がハンコックを変えていく。皆から愛される真のヒーローになるべく、ハンコックの戦いが始まる!

出演:ウィル・スミス、シャーリーズ・セロン、ジェイソン・ベイトマン、ジェイ・ヘッド、エディ・マーサン、ダエグ・フェアーク、ジョニー・ガレッキ

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 堕落ヒーロー

世間に非難されるスーパーヒーローの姿が斬新で良いです。堕落ヒーローから這い上がるシーンは感動的でした。

★★★★★ 【B級SF映画】の大傑作です。

2008年に公開されたアメリカの【B級SF映画】の大傑作が、本作『ハンコック』です。それにしても、面白い映画です。ヒーローとして世のため人のために頑張る度に、それ以上の甚大な被害をもたらす嫌われ者の不良スーパー・ヒーロー【ハンコック】を、気持ちの優しい広告マンが、誰からも愛されるスーパー・ヒーローへとプロデュースする。この前半はありがちなスーパー・ヒーロー物のパロディなのですが、後半に突然に訪れる余りにも意外な展開が楽しいです。前半は余裕で楽しめますが、後半はハラハラしながら物語に引き込まれ、最後は予想通りの爽やかかつホロリと来るハートウォーミングな結末がやって来ます。まあ、いわゆるB級映画としてはかなりの傑作。興味のある方には是非オススメします。面白いですよ(笑)。

★★★★★ 傑作ヒーローもの。

ヒーローもの映画作品は掃いて捨てるほど生み出されており、その中でも玉石混交の部類であると思います。この映画は
「玉」であり、もっと磨けば(続編とか)もっと光るんじゃないか、それ位の傑作です。期待値が低かったので余計に楽しめた気がします。まず、受け手の誘導が上手いというか、「あー、このパターンかぁ・・・」なんて思ったところを裏切る演出の妙が感じられました。人物やユーモア、設定の面白さなども練られており、通り一遍の楽しませ方ではない感じが良かったです。劇中、主人公の事をこっちが早く知りたくなるほど、ハンコックにはキャラとして魅力がありました。またそういう演出が上手い。変り種のヒーローものでありつつ、傑作のヒーロー映画。『ダークナイト』なんかと一緒に観ると正反対の魅力で面白いかもしれません。文句なしに面白かった。お勧めします。

★★★★☆ ヒーロー映画の新境地。

アメコミ原作の作品と思われがちだが今作は映画オリジナル作品。近年日本もアメリカも人気原作で手堅くヒットを狙う保守的な姿勢が横行する中、こういった挑戦をし見事にヒットさせたスタッフに私は拍手を送りたい。今作は当初マイケル・マンが監督する予定だったとの事だが、結局は製作側に回って『キングダム-見えざる敵-』でコンビを組んだピーター・バーグ監督を指名したそうだ。個人的にはマイケル・マンの撮る『ハンコック』も観てみたかったが、そうなると変にリアルな映画になっていたのかな(笑)。さて映画の内容ですが、率直に言ってしまえば『バッドボーイズ2バッド』と『Mr.&Mrs. スミス』と『マトリックス レヴォリューションズ』と『ターミネーター3』を合した感じ。最初は自暴自棄のハンコック。犯罪者を懲らしめるのだが、その度に街を無茶苦茶に破壊して大ブーイング。酒を飲んで空を飛び回り。怒れる市民に暴言を吐き。悪口を言えば子供だろうが鉄拳制裁(笑)。やりたい放題の彼がPRマンのレイと出会い。人々に愛されるヒーローに変わっていく過程は笑わせてくれる。レイに教わった「グッドジョブ」を連呼するハンコックの姿は抱腹絶倒!!。しかし早々にハンコックは矯正されてしまい、残る後半は急にシリアスな話に変化する。大風呂敷を広げて「えぇ〜」ってな展開になったと思ったら「あれっ?」てな内に終わってしまった。時間が92分と短めで、こんな風な話なら「もう少し上映時間長くすれば?」とも思ったが、まぁダラダラせずにスパっと終わらせたのが逆に良かったのかな?。元々ぶっ飛んだスーパーヒーローが主役なんだから、映画もこの位ぶっ飛んでた方が正解か?。それでもメインキャストのウィル・スミス&シャーリーズ・セロン&ジェイソン・ベイトマンの組み合わせがなかなかどうしてハマっていたし、大ヒットしたのに続編の話が現時点で無いのも潔くて良し!!。アメコミ原作とは違う、不思議なスーパーヒーローの生き様に活目しましょう。

★★★☆☆ ちょっと違いました。

劇場予告をみて面白そうだったので購入しました。見る前はチョイ悪なヒーローがはめをはずして大活躍するストーリーだとおもっていました。基本的にはそうなんですが・・・。観終わった後はちょっと違ったかなっていう感じでした。

★★★☆☆  HANCOCK

アクションものとしては、まあまあ面白いと思いますアクションが少々派手すぎるきらいがあるかも・・・、まあ娯楽として見るのであれば結構楽しめますヨ!

作品の詳細

作品名:ハンコック
原作名:Hancock
監督:ピーター・バーグ
脚本:ヴィンセント・ノー、ヴィンス・ギリガン
公開:アメリカ 2008年7月2日、日本 2008年8月30日
上映時間:92分
制作国:アメリカ
製作費:1億5000万ドル
興行収入:6億2400万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. デアデビル

  2. ザ・プレデター

  3. 007 ゴールデンアイ

  4. トランスポーター2

  5. ラスト・サバイバーズ

  6. アメイジング・スパイダーマン2

PAGE TOP