アクション

バイオハザード II アポカリプス

あれから36時間、街は感染しつくしていた

前作『バイオハザード』は、”ゲームの映像化”の魅力を知らしめ、各国で爆発的ヒットを記録。そして、主人公・アリスを演じたミラ・ジョヴォヴィッチは、脆さと強さを秘めた鮮烈のニューヒロインを演じ、旋風を巻き起こした。あれから2年。遂に、待望の続篇が公開される。舞台は地下施設から巨大都市へ。そして、ゲーム版の主要キャラ、ジル・バレンタインとネメシスも登場!葛藤しながらも生き抜くために疾走する、哀しき主人公を演じるは、我らがミラだ!映画とゲームが融合しながら、今回も映画オリジナルの、深いドラマが展開する。スピード、迫力、興奮。すべてが前作よりもパワーアップ。誰もが未体験の衝撃が、世界を征す!

ストーリー:アンデッドの街と化したラクーンシティでアリスは生存者のジルたちと行動をともにしていた。そこへ、全ての元凶<tーウイルス>を発明したアシュフォード博士から電話が入る。彼は街に核爆弾が投下されると告げ脱出を手引きする代わりに、娘の救出を要求する。さらに、背後には追跡者“ネメシス”の陰も忍び寄っていた。最悪の結末まで、あとわずか。果たして彼らは、無事に生き残れるのか!?

出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、シエンナ・ギロリー、ジャレッド・ハリス、トーマス・クレッチマン、マイク・エップス、オデッド・フェール、ソフィー・ヴァヴァサー、ジム・コドリントン、サンドリーヌ・ホルト、ザック・ウォード

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ かっこいい!!

私は前作もみましたが、2のほうが断然もう一度みたい!という気にさせられました。私はジャンヌ・ダルクのころからミラ(主人公)の大ファンですが演技がとても迫力があってひきこまれます。おまけに美しいですし。なんといっても体をはったアクションがとてもかっこよかったです。ジル役のシエンナギロリーも美人でとてもかっこよかったです。なによりゲームのジルにそっくり!!私はゲームのほうもやりましたが けっこう「あっ!このシーンは!」というのが随所あってゲームファンも楽しめるとおもいます。ゾンビもやたらと気持ち悪いです。若干恐怖はへったもののアクションやグロさは2のほうが断然上手です。ぜったい買って損はないとおもいます!

★★★★★ 1粒で2度おいしい!

アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)と ジル・バレンタイン(シエンナ・ギロリー)の二人が出るんだもん。ジルが物凄く カッコいいし,セクシー。 アリス と ジル どちらかあげると言われたら,ジルが欲しい。(いや,くれないけどね。)バイオハザードで,露出多めの美女二人が並び立つ作品はこれだけ。 ダブル・ヒロインだと思う。主役はアリスなんだけど,ジルの美しさと存在感が半端ない! シエンナ・ギロリーはシリーズの後でも出てくるけど、残念ながら,カッコよさ セクシーさは,この映画でしか見られない。他のレビュワーさんも指摘されている通り「シエンナ・ギロリーの演じるジル」を見たくて,繰り返し見てしまう映画だ。

★★★★★ バイオハザード映画最高傑作

バイオハザード映画の中で一番のお気に入りです。アニメやゲームの映画化というのは、大抵駄作になる場合が多いですがこれは違います。特にジル・バレンタインはゲームの中から飛び出してきたよう。ゲームのファンを決して裏切らない素晴らしい作品です。未聴の方は是非、後悔はしませんよ。

★★★★☆ 迫力満点のシーンが満載

前作の続編として作られた映画ですが、内容ははるかに迫力のあるものになっています。ストレスのたまった人には絶好の映画かも知れませんね。ただ、ストーリー的には、もう少し深みがあった方が良かったのではないかと思いますが、アクションを売り物にした映画だと割り切って考えれば、それも大して気にはならないでしょう。第3作が作られることは間違いないラストシーンですが、今度はもっと複雑なストーリー展開であっと言わせてもらいたいと思います。

★★★☆☆ ミラが好きなヒトなら

ミラはあくまで素敵です。きれいです。凛々しいです。ミラファンのヒトは、買えばいいでしょう。ポイントになる箇所もありますので動画を止めてしっかり鑑賞しましょう。ストーリは期待してはいけません。前作のストーリーに完全依存していて、この続編ではただゾンビと戦って町から脱出するだけ。ひたすらゾンビが「どろああ」っと出てきて脅かされるだけ。前作がまあまあの緊張感とレーザー光線の「なます切り」のショックなど随所に工夫があり、後半ゾンビだけは、がっかりしたけど許せる出来だったので、後編に期待したのですが、なんとゾンビしか出てこないじゃあありませんか。3作目をにおわせるエンディングには、天を仰いでしまいました。

作品の詳細

作品名:バイオハザードII アポカリプス
原作名:Resident Evil: Apocalypse
監督:アレクサンダー・ウィット
脚本:ポール・W・S・アンダーソン
公開:アメリカ 2004年9月10日、日本  2004年9月11日
上映時間:94分
制作国:アメリカ、イギリス、ドイツ
製作費:4500万ドル
興行収入:1億2900万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂

  2. グレートウォール

  3. スノーホワイト/氷の王国

  4. ゾンビーワールドへようこそ

  5. レッド・ダイヤモンド

  6. スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション

PAGE TOP