コメディー

ハングオーバー!!! 最後の反省会

“史上最悪の二日酔い”ついにフィナーレ

もう しません。これで最後! マジで最後! 俺たち、バカはもうしません!

いいかげんにしなさい! とツッコまれても、全然懲りない大人たちがみっともないハプニングを繰り広げる爆笑・史上最強のエンターテイメント映画『ハングオーバー』シリーズ。これまで世界27カ国で公開初登場1位、ゴールデングローブ賞(コメディ/ミュージカル部門)では最優秀作品賞受賞など、全世界で共感と爆笑の嵐を巻き起こし、爆発的なメガヒットを記録。おなじみの愛すべきおバカ三人組(無駄にイケメンのフィル、マヌケな歯医者のステュ、そして大迷惑なデブ&ヒゲ野郎のアラン! )のハンパない暴れっぷりと鉄の絆(友情)もこれが見納め!いや、ホントに終りだから! ! ! 今回はひとことで言うと〈ミスター・チャウを探せ! 〉というお話し。あっ、チャウっていうのは前二作にも出てきたアジア系ギャングのボスね。バンコクの刑務所にブチこまれていた彼が、まんまと脱獄するというところからスタート。一方、アランのあまりの極道息子ぶりにキレた親父さんがショックで倒れ、そのまま天国に・・・。さすがに周囲も「もう面倒みきれんわ! 」と呆れ、フィル、ステュ、ダグがアランを施設に収容しようと車を走らせる。ところが(例によって)道中突然大物ギャングに襲われ、ダグが拉致られたあげく、「返して欲しけりゃ、金を盗みやがったチャウを探してこい! 」と命令が! って、なんで俺たちがっ! ?なぜならアランはチャウのメル友だからだ! (ってまたお前が原因かよっ! ! )かくしてアランとチャウの因縁をめぐり、踏んだり蹴ったりの“史上最強の反省会”を迎え、壮大なトリロジーは幕を閉じる! (予定)。最終章となる舞台は、バンコクとラスベガスを股にかけ、内容も一段とパワーアップ。最後までトラブルと笑撃の嵐が渦巻く、こいつらのパーティー(&反省会)を見届けてくれ! !

キャスト:ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィアナキス、ケン・チョン、ジャスティン・バーサ、ジョン・グッドマン、メリッサ・マッカーシー、ヘザー・グラハム、ジェイミー・チャン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 更にシリーズ化を望む!!

シリーズ化すると内容が陳腐になって面白くないことが多いが、ハングオーバーシリーズは、とにかくアホらしいが、まとまりが良いと思う。見て、笑って、大満足。3作で終わらず、どんどんおバカを追及して欲しい。

★★★★☆ 言わずと知れたハングオーバーシリーズ!

『ハングオーバー!』で一気にファンに。ギリギリのジョークにCOOLなBGM!あれはショッキングであり、極上のコメディーに久しぶりに出会えた感じでした。しかし、シリーズ二作目でやりすぎ、というかあんまり笑えない悪ふざけで「あぁ、やっぱりシリーズモノは…..」と思っていたけど三作目で少し盛り返した感じ。続編でればと期待を込めて星4つです!

★★★☆☆ 面白いけど、あまり「バングオーバー」じゃない。

今回はあまりハングオーバー(二日酔い)になりません。なるのは最後くらいかな・・・。二日酔いの状態で自分達が何をしたのか、その謎を解いていくのが、この映画のスタイルだったのでは?その「ハングオーバー」独特のスタイルが崩れて、普通のロード・ムービーになってしまった感がある。だから今回は「ハングオーバー」というより、「ミスター・チャウを探せ!」と題するべきかも。今まで以上にミスター・チャウがキーパーソンになっています。(冒頭が彼のシーンだからね。)ただでさえ濃いキャラのミスター・チャウが目立ちすぎて、アランたちは終始彼に振り回されっぱなし。ミスター・チャウは確かに面白いキャラだが、やはり主役はアランとフィルとスチュの3馬鹿トリオだ。1も2もチャウは目立ちすぎなかったからいい味出てたのに、今回は味が濃すぎて別料理になってしまっている。やはり1が衝撃的すぎて、2以降に期待がかかり脚本を苦労したんだろう・・・。「前作を超えるものを作らなければ!」と思って試行錯誤を重ねた結果、前作までと別物になってしまった。個人的には、多少マンネリ化してても、今までのスタイルで二日酔いから初めて欲しかった。ラストは面白かった。「やっは『ハングオーバー』はコレだよ!」って思えたからね。あとキリンのシーンも笑えた。

★☆☆☆☆ タイトル詐欺

まず飲んでもない。シリーズ3作目なのに、このシリーズの見どころを完全に潰している。ブラックジョークが多いが前2作に比べると笑えない。なんのために作成されたのか分からないレベル。

作品の詳細

作品名:ハングオーバー!!!最後の反省会
原作名:The Hangover Part III
監督:トッド・フィリップス
脚本:トッド・フィリップス
公開:アメリカ 2013年5月23日、日本 2013年6月28日
上映時間:100分
制作国:アメリカ
製作費:1億300万ドル
興行収入:3億6200万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. 変身パワーズ

  2. 最’狂’絶叫計画

  3. あきれたあきれた大作戦

  4. ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行

  5. オースティン・パワーズ:デラックス

  6. 歌う大捜査線

PAGE TOP