ラブ・ロマンス

ワン・デイ 23年のラブストーリー

23年。23回の7月15日。どの1日も、あなただけを見ていた

 2人の23年を、運命の日“7月15日”だけで紡いだ誰もみたことのないラブストーリー! 衝撃のラスト15分!

ストーリー:真面目でしっかり者のエマ(アン・ハサウェイ)と、自由奔放で恋多き男デクスター(ジム・スタージェス)。23年前の7月15日。大学の卒業式で、はじめて会話を交わしたふたりは、魅かれあうものを感じながら、恋人ではなく友達の関係を選ぶ。エマは心の奥にデクスターへの思いを秘めて、親友として毎年”7月15日”を過ごしていく。一緒に旅行に行ったり、恋の悩みを相談したり、大喧嘩をしたり。それぞれの人生を歩み、すれ違いを繰り返しながらもデクスターを想い続けるエマ。そんなある年の”7月15日”、エマはデクスターから違う相手との結婚を告げられる。そしてさらに積み重なる”7月15日”。2人の恋の結末は?”運命の7月15日”が2人に近づいていた・・・。

出演:アン・ハサウェイ、ジム・スタージェス、ロモーラ・ガライ、レイフ・スポール、ケン・ストット、パトリシア・クラークソン、ジョディ・ウィッテカー

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ とても切ない、ラブストーリー。

こんな関係の人いたら、すごくいいよな。と思いました。ハッピーエンドかと思っていたら、ああ。切なすぎる。アン・ハサウェイが、とても美しく、描かれている。ジム・スタージェスは、この映画で、初めて知りましたが、最後のころは、とても、素敵な男性になっている。でも、切ない。何度も見直したい映画です。

★★★★★ 切ないラブストーリー

素敵な純愛ラブストーリーです!けれど、ラストは切ないです!自分に置き換えたら、涙が止まりませんでした。

★★★★☆ 何気ない毎日だって 本当は1日1日が特別な日。

7月15日のみを切り取り 一つの愛を描く作品。順に見せる訳でなく 時系列はバラバラです。特別な事が起きる事もあれば 普通の1日も。演技や演出は控えめですが 心にせまってきます。何気ない毎日が 全て特別な日だと 感じました。

★★☆☆☆ 男のチャラさが気になる…

ロンドン、パリを舞台にしてるだけあって、背景がとても綺麗です。一年の1日だけを切り取って描かれたという描写も独特の雰囲気があって素敵。ただ、15年かけてやっと結ばれた2人のロマンチックストーリーとはいえ、男のチャラさが気になって感情移入できませんでした。15年男女の関係を超えた親友だったとはいえ、会う度に他の女を連れてたり、悩みがあって久しぶりに会って話を聞いてほしかったのにロクに話も聞かず席を外してドラッグやったり、テレビの仕事をやってる関係でチャラチャラ遊び歩いたり、その内他の女とできちゃった婚したり、でも不倫されて離婚したり、離婚して仕事もなくしてボロボロの状態でアンハサウェイを頼ってなし崩し的に結ばれる事になるけど、そんな男を15年も思い続けるだけの魅力が分かりません。(その間アンハサウェイには同棲する彼氏がいた期間があるとはいえ)ストーリーとしては個人的な好みは☆1ですが、映像が素敵な事をプラスして★2で。

作品の詳細

作品名:ワン・デイ 23年のラブストーリー
原作名:One Day
監督:ロネ・シェルフィグ
脚本:デヴィッド・ニコルズ
原作:デヴィッド・ニコルズ『ワン・デイ』
公開:アメリカ 2011年8月19日、日本  2012年6月23日
制作国:イギリス
製作費:1500万ドル
興行収入:5900万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2

  2. ウォーム・ボディーズ

  3. スウィート・ノベンバー

  4. シルヴィ〜恋のメロディ〜

  5. プロヴァンスの贈りもの

  6. ブルーラグーン

PAGE TOP