ドラマ

G.I.ジェーン

ギブ・アップの鐘をならすか、それとも苦痛を生きている証と耐え抜くか!!

男女差別撤廃のため米海軍特殊部隊での過酷なサバイバル訓練に挑む女性将校の姿を描いた、デミ・ムーア主演で贈るアクション・ドラマ

ストーリー:政治的駆け引きの材料として、米軍で最も過酷とされる海軍特殊部隊SEALの訓練プログラムに送り込まれた女性将校・ジョーダン・オニール(デミ・ムーア)。彼女は数々の障害を乗り越えながら、12週間の訓練を耐え抜いていく。

キャスト:デミ・ムーア、ヴィゴ・モーテンセン、アン・バンクロフト、スコット・ウィルソン、ジェイソン・ベギー、ダニエル・フォン・バーゲン、デヴィッド・ウォーショフスキー

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 男も女も関係ない

「男女平等」を謳う政治家の計略によって一人の女性兵士が男も恐れる海軍の特訓を受けるはめになる。懸命にそれをこなす主人公(デミ・ムーア)。彼女を脱落させようとする指導官。しかし政治家は政治上の理由から今度は主人公に特訓をやめさせようとする・・デミ・ムーアの体当たりの演技がすばらしい。男も女も関係ない人間のドラマです。指導官の愛読する詩の一節がすべてを表しています。「枝に止まったまま凍え死ぬ鳥は地上に落ちるまでその死に自ら気づかない・・」全存在をかけて生き抜くとってもタフな物語です。

★★★★★ やっぱりいいなあ!

ここまでこだわるかな?と思うほど男たちと対等に張り合おうとするオニール(デミ・ムーア)をとりまくのは、彼女を利用したいだけの政治家、皮肉に見下す上官、女性を拒否する訓練生、そして<鬼>教官マスターチーフ(ヴィゴ・モーテンセン)。実戦さながらの、殺してしまいかねない訓練を課しながら、マスターチーフの目はクールで公正そのもの。一歩も退くことなく食い下がったオニールに実戦での信頼で応える彼!まったく、何を演っても最高!ヴィゴファン必見です。好奇心から始まって、自身と肩を並べるまでに成長した訓練生を見る感嘆の眼差しまで、名演を楽しめます。

★★★★☆  渾身の演技

デミ・ムーアの気合が入った迫真の演技に感服しました。映画のために坊主頭にする女優はそう多くはありません。特に本作が作られた当時は。屈強な海兵たちに全く引けを取っていなかった。

作品の詳細

作品名:G.I.ジェーン
原作名:G.I. Jane
監督:リドリー・スコット
脚本:デヴィッド・トゥーヒー、ダニエル・アレクサンドラ
公開:アメリカ 1997年8月22日、日本 1998年1月31日
上映時間:124分
制作国:アメリカ
製作費:5000万ドル
興行収入:4800万ドル
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. プロフェッサー

  2. 月を追いかけて

  3. マネー・トレーダー 銀行崩壊

  4. アリスのままで

  5. ローラーガールズ・ダイアリー

  6. アビエイター

PAGE TOP