ドラマ

クイズ・ショウ

人気クイズ番組“21”をめぐる、全米TV史上最大のスキャンダルとなった事件を、ロバート・レッドフォード監督が鋭く描いた衝撃のドラマ

ストーリー:1956年、アメリカ全土を熱狂させていたテレビの人気クイズ番組「21」で、ハーバート(ジョン・タトゥーロ)は8週連続勝ち抜いたが、視聴率は低下。スポンサー(マーティン・スコセッシ)は、もっと見栄えのよい人間をチャンピオンに据えよとプロデューサーに厳命し、かくして二枚目大学教授チャールズ(レイフ・ファインズ)に解答を事前に教えた上で番組に出演させ、連戦連勝させるのだが・・・。

出演:ジョン・タトゥーロ、マーティン・スコセッシ、レイフ・ファインズ、ロブ・モロー、ポール・スコフィールド、デヴィッド・ペイマー、ハンク・アザリア、クリストファー・マクドナルド、エリザベス・ウィルソン、ミラ・ソルヴィノ、イリーナ・ダグラス、ウィリアム・フィクナー、キャリスタ・フロックハート、イーサン・ホーク

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 観るたび、味わい深い映画です。

地味に見えますが、内容は実に濃いドラマ。金と名声の誘惑に屈してしまう人間の弱さと哀れさが、あっけらかんと描かれています。レイフ・ファインズが調査員ロブ・モローとの微妙な関係、偉大な両親を持つ子としての葛藤などを見事に演じきっており、脇の役者達の存在感が、実話であることなど関係なく、このドラマをリアルにしています。ジョン・タトゥーロはこの映画で初めて見ましたが、とてもいい味を出しています。最後にファインズとすれ違いざま見つめ合う短いシーンがあるのですが、言葉のない二人の表情が、観るたび違った感慨を起こさせます。

★★★★☆ 虚栄心の果てに

国民的クイズ番組の不正を題材にした本作ですが、描かれるのは「どこか満たされない」人々です。人気者になりたい、もっと賞金が欲しい、もっと面白いものが観たい・・・。父親に認められようとする主人公もやはり満たされない一人。だから不正と知りつつもそれを受け入れてしまう、そんな人間の切なさがTVショーという華やかな舞台と対照的に描かれて行きます。自分だったらどうするか?他人に認められたいという誘惑に勝てるのか?考えさせられる映画です。

作品の詳細

作品名:クイズ・ショウ
原作名:Quiz Show
監督:ロバート・レッドフォード
脚本:ポール・アタナシオ
製作:ロバート・レッドフォード
公開:アメリカ 1994年9月14日、日本 1995年3月25日
上映時間:133分
制作国:アメリカ
製作費:3100万ドル
興行収入:5200万ドル
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す
楽天SHOWTIME

関連作品

  1. あの日の声を探して

  2. 主人公は僕だった

  3. 日蔭のふたり

  4. クローズド・ガーデン

  5. ハックフィンの大冒険

  6. チアーズ!2

PAGE TOP