ホラー

ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ

結末は・・・シナリオ通りなのか・・・

ストーリー:有名なホラー映画女優だった母・アマンダ(マリン・アッカーマン)を交通事故で亡くしたマックス(タイッサ・ファーミガ)。3年後、失意の底から立ち直った彼女は、友人たちに誘われ、母が出演していた80’sホラー映画を鑑賞することに。ところが突然、映画館で火災が発生。パニックになって逃げ惑う中、気が付くと、物語の中に入り込んでしまう。冒頭シーンが目の前で起こったり、映画の登場人物のはずのカートたちに会ったりとありえない出来事に戸惑いながらも、ナンシー役を演じている母にも会え、マックスは喜びの涙が止まらなかった。だが、当然、殺人鬼ビリーも出現し、次々とシナリオ通りに殺されていく・・。母の命が危ない! ! マックスたちが加わったことで、ストーリーは変わるのか?! それともシナリオ通りに終わってしまうのか・・?!

出演:タイッサ・ファーミガ、マリン・アッカーマン、アレクサンダー・ルドウィグ、アリア・ショウカット、トーマス・ミドルディッチ、ニーナ・ドブレフ、アンジェラ・トリンバー

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 良い意味で裏切られた映画。

ホラー映画だと思って借り、見ている内にコメディだと思うようになり、最後は母と娘の絆の話だと感じました。1本の映画で2度も裏切られたのは初めてです(もちろん、良い意味で)。

★★★★★ 最高

え、なんで大規模劇場公開しなかったの??ってくらい面白い意外な掘り出し物でした。特にこの手の映画好きはニヤリとできるし、笑えるし、感動もできる。最高の作品。

★★★★☆ ホラー映画、恐怖のツボを笑いに変えたケッサク!

適当に付けられたタイトルで100%損している作品。ホラー作品は大概はレンタル1回で消化してしまいすがこの作品はその後購入しました。ホラーへのオマージュ&パロディがお好きな方にはお勧めします。

★★★☆☆ んー自分にはあまり響かなかった

お母さんとの話をメインにしたいのか、エロなのか、スプラッターなのか、感動なのか、いずれも中途半端という印象でした。とてもぶれている。

作品の詳細

作品名:ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ
原作名:The Final Girls
監督:トッド・ストラウス=シュルソン
脚本:M・A・フォーティン、ジョシュア・ジョン・ミラー
公開:アメリカ 2015年10月9日、日本 日本劇場未公開
上映時間:91分
制作国:アメリカ
製作費:400万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ザ・フォッグ

  2. 7500

  3. 悪魔が棲む家666

  4. ハロウィン

  5. デッド・ウィッシュ

  6. キャリー

PAGE TOP