アクション

ゴースト・ライダー2

「アベンジャーズ」の枠に収めることができない最強・孤高のダークヒーロー、復活! ! ! !

そいつは 俺の中にいる―制御不能、地獄の炎で悪を滅ぼせ!

ストーリー:父親を死から救うため悪魔と契約し、自らの中にゴーストライダーを宿してしまったジョニー・ブレイズ(ニコラス・ケイジ)。彼は憎しみや怒りに呼応して、本人の意思とは関係なく突然現れる復讐の精霊=ゴーストライダーの存在に苦しんでいた。そんな折、ある僧侶から彼に依頼が入る。悪魔が自らの新たな“体”として狙っているある少年を助けてくれ、間に合わなければ世界は悪の手に堕ちてしまう、という・・・。果たして、ジョニーは自分の中に巣食うゴーストライダーが持つ闇の力をコントロールし、最強の敵から少年を救い出し、自らの呪いを解くことができるのであろうか! ?

出演:ニコラス・ケイジ、ヴィオランテ・プラシド、キーラン・ハインズ、イドリス・エルバ、クリストファー・ランバート、ジョニー・ホイットワース、ファーガス・リオーダン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 前作もいいですが。

いやあ、驚きましたね、いい意味で特にラストの「天使を感じた」というセリフが良かった。興味のある人は是非みてほしいです。

★★★★★ 良かったです

初めて観たんですが。凄く良かったです。お父さんに生きて欲しくて悪魔と契約。でもお父さんは死んでしまった。それからも悪魔に苦しめられ葛藤する姿が凄く良かったです。子供を思う気持ちが勝ち最後は乗り越えた。観て良かったと思います。

★★★★☆ 新章として観る!

前作は、ほぼダークな物語の展開だったが、今作はコミカルな場面やゴーストライダーについて衝撃!? の事実が明かされる…アクション満載作となった。今後はゴーストライダーの二面性が描かれる展開になるのだろうか?まあ、前作より本作は全体的に楽しめたかな◎

★★★★☆ 1と比較してはダメ。2は3への階段。土台的存在!

確かに1も良かった。それに今回の作品はおそらく3と繋げる立場の作品ではないのか?と感じました。と、言うのもゴーストが一体何者なのかとか、ニコラス演じるジョニーがゴーストと葛藤する描写などがあるからです。(1の時から葛藤してますがw)そして、そのゴーストが何者でどうあるべきかというスタイルをこの2でみせてます。1の時はそれがなかったのでここらでゴーストを安定した存在にしたかったのでしょう。ゴーストが持つパワーは相変わらずで多少のハチャメチャ感はありますが観ててスカッとします。さすが不死身のダークヒーロー!!2自体も楽しむ事はできますがこれを観終えた感想としては早く3を観たい!という焦り感が出てきたという事(笑)(^_^)次回作が楽しみです♪

★☆☆☆☆ 非常に退屈な作品

前作から予算がほぼ半減してしまった本作。その影響からか、最大の見せ場のゴーストライダーのバイクアクションや悪魔との対決シーンが少なく、非常にこじんまりとしています。脚本も終始盛り上がりに欠け、95分のランニングタイムが苦痛になるほど。ゴーストライダーや悪魔が魔力を使う際、画面がモノクロ調になる演出が多用されていますが、これが見辛くて堪らない。監督達のセンスの無さを感じます。キャストで言えば、ニコラスは相変わらずと言った感じ。特筆すべきはヒロインで、終始ギャーギャー喚いており非常にやかましい。どうやらイタリア人の女優らしいですが、通りで英語の発音がたどたどしく演技力も低いのでしょう。フィルモグラフィーもパッとしない映画ばかりで、何故ヒロインに抜擢されたか謎です。

作品の詳細

作品名:ゴーストライダー2
原作名:Ghost Rider: Spirit of Vengeance
監督:マーク・ネヴェルダイン、ブライアン・テイラー
脚本:セス・ホフマン、スコット・M・ギンプル
公開:アメリカ 2012年2月17日、日本 2013年2月8日
上映時間:95分
制作国:アメリカ
製作費:5700万ドル
興行収入:1億3200万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す
楽天SHOWTIME

関連作品

  1. ニンジャ・アサシン

  2. スパイキッズ3-D:ゲームオーバー

  3. ジャンパー

  4. マイアミ・バイス

  5. スター・トレック イントゥ・ダークネス

  6. アレックス・ライダー

PAGE TOP