アクション

ラスト ナイツ

忠誠を誓った主君の不当な死に報いるために、気高い騎士たちは立ち上がる

クライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマンら名優が集結し、「忠臣蔵」を題材に高潔な騎士の魂とその戦いを描く

『CASSHERN』『GOEMON』で無類の世界を築き上げた映画監督・ 紀里谷和明監督は、活動の場を移したハリウッドで驚くべき脚本に出会った。それは二人のカナダ人によって「忠臣蔵」を題材に書かれた、心震える騎士達のドラマだった。「内なる声がシンプルに呼びかける。『これは正しいのか、それとも間違っているのか?』と。その答えは、民族や宗教、国籍や出自に関わらず、誰もが知っているものだ。」紀里谷監督はその脚本を世界に向けて映画化することを決意した。主演俳優は紀里谷和明と同様に、その脚本に深く魅了された二人だ。『クローサー』でアカデミー賞(R)にノミネートされたイギリスの名優クライヴ・オーウェンは「とてもエレガントで優れた脚本だった」、『ミリオンダラー・ベイビー』でアカデミー賞(R)を受賞したアメリカが誇る名優モーガン・フリーマンは「非常に高潔な人物たちを描く、他に類を見ないストーリー。誰もが必ずや共感を得るはずだ。」と語る。その他にも、日本からは伊原剛志、韓国からアン・ソンギなど、総勢17カ国に及ぶ一流のキャストとスタッフが結集した。構想から5年の歳月をかけ、遂に世界に放たれる『ラスト ナイツ』。心の声を呼び覚ます、今こそ見届けるべき、かけがえのない映画が誕生した。

ストーリー:ある封建的な帝国。権力欲に取り憑かれた非道な大臣が要求する賄賂を堂々と断り、刀を向けたバルトーク卿(モーガン・フリーマン)は、残忍な処刑による死罪を勧告される。それは、愛弟子であり、自身の後継者として信頼するライデン(クライヴ・オーウェン)による斬首。絶対に出来ないと断るライデンに対しバルトーク卿は、騎士の掟を全うし、自身亡き後の一族を守れと諭す。ライデンは震える手で主君の首を落とした。一年後。気高い騎士達は、その日が来るまで刀を捨て身分を隠していた。すべては忠誠を誓った主君バルトーク卿の仇を討ち、不正がはびこる権力への報復のために。死を覚悟し挑む“最後の騎士達”の戦いが今、はじまる・・・。

キャスト:クライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマン、クリフ・カーティス、アクセル・ヘニー、伊原剛志、アン・ソンギ、パク・シヨン、アイェレット・ゾラー、ショーレ・アグダシュルー

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 評論家にはそっぽを向かれたが古典的な内容の傑作です

これまでのキリヤ節とは全く違う、キャシャーンや五右衛門からかなり洗練された超大作です。公開当時、評論家にはそっぽを向かれましたが古典的な内容の傑作です。監督本人の性格的にはかなり評判宜しく無いようですが、その子供である作品は非常にすばらしいものでした。親である監督は嫌いと言っても子供には罪は及ばないはず。

★★★★★ 渋い映画でした

買ったはいいもののなかなか観る気が起きず積んでたけどやっと観た紀里谷監督なので正直どうかな、なんて失礼なこと思ってたけど、なんとも渋い作品でした今までの映画と違って色彩も抑えられていて、俳優たちも男臭い感じでなので、大臣が小物感強かったのはもったいないなって思いました。派手さとか外連味とかはないし、忠臣蔵をモチーフにしているのでストーリーは最初から想像つくし、評価は分かれる作品だとは思うけど、私はこの映画好きです。BDで買えば良かった。

★★★★☆ よかったよ

出てくるみんなかっこよかった。ストーリーも複雑なわけじゃないけど、それは登場人物の揺るがない意思のためで、この映画には当然なことだとおもった。久しぶりに騎士のコテコテな活劇がみれたのもうれしい。近頃は、しっかり作ってるこういう映画少なくなったよね。

★★★★☆ 紀里谷監督の汚名返上にふさわしい骨太の力作

この映画、日本でもハリウッドでもほとんどスルーされていて、それもそのはず、あの悪名高きキャシャーンの紀里谷和明監督と聞けば、観る前から残念な結果が約束されたもの・・・、と思いこんでいましたが、実際に観てみると、とんでもない、なかなかいい作品です。ストーりーは忠臣蔵そのものですが、別の忠臣蔵をモチーフにした作品、47Roninのとんでもなさに比べると、こっちの方がずっと忠臣蔵で、ストイックで、骨太な騎士の物語、いや武士の物語になっています。アクションもCG多用で訳のわからない感じではなく、肉弾戦のリアル感があり、俳優陣の演技もとても抑制が効いていて、良質のアクション作品になっています。まあ、全体的にMTVみたいに、画面が暗いおしゃれな映像中心なのは鼻につきますが、忠臣蔵をうまくストイックな騎士の物語にしていて、日本人には楽しめます。仇討ちを果たした後の最後の裁定は、きっとアメリカ人にはあり得ないだろうなと思いますが、日本人には納得。ハリウッド的な豪華さと、日本人的なストイックさをうまく融合した紀里谷和明監督の手腕はなかなかのものだったと思います。紀里谷和明監督の次回作が楽しみですね。

★★☆☆☆ ん~

暇潰し程度に観る映画、ほとんど予想通りのストーリーでアクションも何だか中途半端。

★☆☆☆☆ この監督は第1作のしくじりを忘れてしまった

ようだ。ストーリーが良くないということは、敵討物語は、そこに行きつまでの物語とそこからの活劇とのカタルシスが全く感じられなかったのは残念であった。きっと後悔してもヒットはしなかったろうと推察する。CGをおもちゃのように操ることは得意でも登場人物に劇的な演出をすることは出来ない人のような気がする。それから、これは大多数の演出家に言えることだが、ほとんど女を描くことが出来ていない。きっと経験不足と衒いもあるだろうが、大事な要素であることを肝に銘じてほしいと思った。

作品の詳細

作品名:ラスト・ナイツ
原作名:Last Knights
監督:紀里谷和明
脚本:マイケル・コニーベス、、ドブ・サスマン
原案:『忠臣蔵』
公開:アメリカ 2015年4月3日、2015年11月14日
上映時間:115分
制作国:アメリカ
興行収入:300万ドル
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

 

関連作品

  1. マンディ 地獄のロード・ウォリアー

  2. デッド・ライジング ウォッチタワー

  3. ゼット・インク

  4. ゴースト・エージェント R.I.P.D.

  5. ゴースト・ライダー2

  6. ハンガー・ゲーム

PAGE TOP