ラブ・コメディ

ダメ男に復讐する方法

ワタシ、カレの妻、カレの愛人、最強のタッグでやっつけろ!

キャメロン・ディアス主演で贈る女性好感度120%の痛快ロマンティック・コメディ!婚約者に妻と愛人がいた!?浮気オトコへの爆笑リベンジはダメ恋愛女子必見!本作で、若くて眩しい「カレの愛人」を演じる、全米で話題沸騰の大人気モデル、ケイト・アプトンも見逃せない!

ストーリー:美人なのに男運の悪い敏腕弁護士のカーリー(キャメロン・ディアス)は、今回こそハイスペックなイケメン婚約者のマーク(ニコライ・コスター=ワルドー)と結婚するために意気込んでいた。しかし、彼の家をサプライズ訪問したカーリーを出迎えたのは彼の妻だった!意気投合した2人は、他にも愛人がいるのではないかと追跡を開始。案の定、若くて巨乳の美女と一緒に休暇を過ごしていた!ワタシ+カレの妻+カレの愛人、3人によるマークへの復讐が始まった!

出演:キャメロン・ディアス、レスリー・マン、ケイト・アプトン、ニコライ・コスター=ワルドー、ニッキー・ミナージュ、テイラー・キニー、ドン・ジョンソン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 最高です🌟

すごい面白かったです。何も考えないで楽しくみれる作品だと思います。キャメロン・ディアスが大好きです💓😍💓

★★★★★ 大好きな作品です。

女の友情は、強い❗いろんな問題を解決して、悪い男を懲らしめる❗最高😃⤴⤴

★★★★★ 男性見るべからず??

愉快な題名に惹かれてお気楽に求めたのだけれど。一気に見てしまう。面白すぎる。ある程度の年齢を経た女性なら、だれでもひとつやふたつは男性に対する不信や腹立ちをかかえているはず。まぁ男性、というより社会の問題かもだけれど。ありえないのだけれど、「妻」「愛人1」「愛人2」がなぜか結束し、仲良しになり、やがて・・・(この三人だけじゃない、ほかにもいくらでも浮気相手がいたのだ)いい加減な嘘つき男に復讐する。女一人でも怖いものなのに、三人が結束したら・・・。これは男性は見ない方がいいかも。(笑)夜中にトイレに行けなくなります。(笑)また、もう一点、フェミニズムには「シスターフッド」という考え方がある。「男性をめぐって争い、いがみ合うのでなく、協力しあい、女同士だからこその友情をもとうよ」、というもの。この映画はそんなシスターフッドの夢世界を描いているかも。誰をとっても魅力あり、能力もあるなかなかの女たち。その三人が海辺に後ろ向きにすわり、友情のしあわせにひたっている。うーん、なかなかいいなぁ。わたしも「女同士」もう一度大切にしよう、なんて思ったのでした。

★★★☆☆  面白い🤣

明るいけど、ちょっとバカバカしい感じ。だけど、三人の女性たちが協力して1人の男性に復讐するのは快感!

★★★☆☆ キャメロン・ディアスがちょっと損している役回り

この映画は2014年にアメリカで公開されていますが、日本では劇場非公開となり、DVDレンタル展開されています。
弁護士キャメロン・ディアスが独身だと思って付き合っていた男が、実は妻帯者の詐欺野郎で、更に別に若い愛人までいることがわかり、騙されている同士のキャメロン・妻・若い愛人の3人が一致協力して、男に復讐を遂げるストーリーをコミカルに描いています。「ロマンチック・コメディ」と謳われているようですが、実態は「ちょっと下品なお色気コメディ」というジャンルで、家族団らんのDVD鑑賞には適していません。結構笑えるシーンが随所にありますが、アメリカお得意の「笑って、笑って、最後にジーンとさせる」というコメディの王道と比較すると、ジーンとさせる部分がないので減点されます。公開時42歳のキャメロン・ディアスは、その年齢にしては見事なスレンダーボディですが、若い愛人役ケイト・アプトンのスーパー爆弾ボディー(これだけでも一見の価値あり!)と比較されてしまう、損な役回りだと思います。この映画が日本で劇場公開されなかった理由がなんとなくわかります。

作品の詳細

作品名:ダメ男に復讐する方法
原作名:The Other Woman
脚本:ニック・カサヴェテス
脚本:メリッサ・スタック
公開:アメリカ 2014年4月25日、日本 劇場未公開
上映時間:109分
制作国:アメリカ
製作費:4000万ドル
興行収入:1億9600万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. 彼女は最高

  2. ガール・ネクスト・ドア

  3. ポリー my love

  4. 恋愛だけじゃダメかしら?

  5. 30日の婚活トラベル

  6. オーバーボード

PAGE TOP