ラブ・コメディ

ハニーvs.ダーリン 2年目の駆け引き

ジェニファー・アニストン主演!豪華キャスト共演で贈る、男と女のホンネが奏でる新感覚ラブ・コメディ!

ストーリー:野球場で出会ったブルック(ジェニファー・アニストン)とゲリー(ヴィンス・ヴォーン)はたちまちラブラブ・カップルになり、同棲をスタート。しかしセンスが良くてキレイ好きのブルックは仕事にかこつけて家事も手伝わず、カウチでゲームやTVに興じるゲリーに、次第に不満が募りはじめる。ある晩、些細なことから大げんかした二人は、こじれた仲を戻すためにあれこれと駆け引きを展開する。嫉妬させるための偽デート、主導権を握るための強引方法…。だがお互いの気持ちも、生活も、スレ違っていくばかり…。

キャスト:ヴィンス・ヴォーン、ジェニファー・アニストン、ジュディ・デイヴィス、ジョーイ・ローレン・アダムス、ジョン・ファブロー、コール・ハウザー

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 倦怠期の夫婦は必見!

自分は、この映画を見て、考えさせられました。家のことを、家内にまかせっきりってのは良くないと、どんな形でも敬うべきだと思いました。

★★★★★ 素敵なエンド

ジェニファー・アニストン目当てで見ましたが、とても面白かった。恋愛前期のキュンキュンする感じじゃなくて、ジーンとくるような愛情とか切ない感じがありました。以下の感想にネタバレ含みます。事前にハッピーエンドじゃないという口コミをチェックして覚悟して見たのですが、その分ショックがなかったのか私にはとても気持ちのいいハッピーエンドに思えてラッキーでした。最後のふたりの表情と約束で、たぶん二人の仲が新しく始まるんだろうなと想像できて、とても気持ち良かったです。

★★★★☆ 大切にしたいのは…

彼女は、ほんの少し彼に手伝ってもらいたいだけ。彼は、ほんの少し自分を優先しただけ。 好きな事を、それぞれに楽しむ時間があってもいい。ただ、二人で過ごす時間も大切にしたい。女性なら共感出来るのではないでしょうか。 男性に、是非見ていただきたい作品です。少しの労りや感謝の言葉が、どんなに大切かをわかっていただけたら…、貴方の隣にいる女性は幸せになります。

★★★★☆ マンネリ化したカップルや夫婦に観て欲しい

どこかで聞いたことがある話だなぁと思いながら、のめりこむように観てしまいました。ごはんを食べおわった後、後片付けを手伝わず、ソファーの上にごろんとなってゲームに夢中になってしまう所や、お願いした物とは違うものを自信満々で買ってくる所とか、どこかで聞いたことある話じゃないですか?本気で別れたいわけじゃないけど、ついつい別れてやるーって言ってしまい、二人の関係がこじれていくのは世界共通の出来事なんですね。長い人生、パートナーに思いやりを持って生きていかなければいけないことを、あらためて感じさせられました。ちなみに星4つにしたのは、ジェニファー・アニストンの相手役が、私の好みのタイプではなかったからです。(ごめんなさい)もし相手役がマシュー・マコノヒーなら、間違いなく星5つです!

★★★☆☆ わかる部分もあるけれど(苦笑)

2人の不満、言い分のそれぞれにわかる部分もあるけれど、それにしても極端過ぎて単にわがまま男女って感じ。そもそもどこに惹かれあって付き合い始めたのか。どうでもいいことかもしれないけど、それが展開にもっと説得力を持たせる鍵だと思うのであまりにイージー過ぎて残念。周囲の人たちのキャラが立つところとシカゴの雰囲気が伝わるところが好印象。

作品の詳細

作品名:ハニーVS.ダーリン 2年目の駆け引き
原作名::The Break-Up
監督:ペイトン・リード
脚本:ジェレミー・ガレリック、ジェイ・ラヴェンダー
公開:アメリカ 2006年6月2日、日本 劇場未公開
上映時間:105分
制作国:アメリカ
製作費:5200万ドル
興行収入:2億400万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ペネロピ

  2. ロイヤル・セブンティーン

  3. ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期

  4. モテる男のコロし方

  5. ブリジット・ジョーンズの日記

  6. グリース2

PAGE TOP