サスペンス

交渉人

この『知力』の闘いに、君はどこまでついてこれるか?

どんな凶悪犯も頭脳と直感で捕らえる、それが”交渉人”だ!

IQ180の駆け引きを演じるのはサミュエル・L・ジャクソンとケビン・スペイシー。実力ある個性派の競演でスリリングな頭脳戦が繰り広げられるサスペンス巨編。

ストーリー:横領と殺人の濡れ衣を着せられたシカゴ警察の人質交渉人ダニー・ローマン(サミュエル・L・ジャクソン)。破滅を予感した彼は人質をとって立てこもる。事件の黒幕をあぶりだすために指名したのは、同僚からも一目置かれる冷静沈着な人質交渉人、クリス・セイビアン(ケビン・スペイシー)だった。

キャスト:サミュエル・L・ジャクソン、ケヴィン・スペイシー、デヴィッド・モース、ロン・リフキン、ジョン・スペンサー、ポール・ジアマッティ、J・T・ウォルシュ

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 面白かった!

サミュエルとケヴィン・スペイシーの組み合わせもバッチリはまり、古い映画とは思えない面白さがあります。
真相を解き明かす為の交渉していく展開が面白い作品です。
観てない方は是非。

★★★★★ 名優二人の激突!

スピーディーな展開の中で二人の名優の緊迫感溢れる演技が非常にリアルな物語を作り出している。
罠にはめられ追い詰められた『交渉人:サミュエル・L・ジャクソン』が人質をとって警察本部に立てこもる。
人質解放の交渉人として登場するケビン・スペーシーがいかにも一癖ありそうな一匹狼の『交渉人』を演じる。
激しい演技のジャクソンに対して、味方?の警官たちを煙に巻きながら解決を図るスペーシー。
動と静の対決の中でいつの間にか二人に友情が生まれ、真犯人を追い詰めていく。
最後まで一瞬たりとも気が抜けない、見ごたえのあるドラマに仕上がっている。
見終わった後、貴方はいつの間にか止めていた息を『ふ~っ!』と吐き、『面白かった~っ』と満足の声を上げることでしょう。

★★★★★ こんな映画日本人にはとても作れません。。。

本当にうまいです。いろいろな面でうならされます。
とてもじっくり鑑賞できる映画です。個人的には最高のお気に入り映画ベスト10に入ります。
大画面で夜にゆっくり見たくなります。ケビンスペイシーがとてもイイ味を出しています。
人物もそれぞれが光っていますし、展開も読めない、セリフもとても精査されていますし、カメラワークなどもとても見やすく、最近の映画のような故意の手ブレのような気分が悪くなる手法も無い映画ですので安心して見れます。
こんな映画はとても日本人には作れませんね。あまりにもレベルが違いすぎます。CGやカッコつけすぎの有り得ないシーンなど、どれとは言いませんが有名三十路女優のあのブラックスーツを着た映画や、シリーズ化されて終了した警官ものなどとても見れたものじゃないです。

★★★★★ ストーリーの展開、予想外の結末が素晴らしい。

タイトルに「交渉」という文字があることから、人質をとる人と交渉人のやり取りがずっと巧妙に行われて終わる映画かと思ったら、そうでもない。主人公の口を塞ごうと「仲間」が殺しにやってきたり、脱出方法もまたどきどきさせられ、観客は引きつけられる。最後の結末も驚かされる。
殺人者として容疑がかかった後、知り合いの警官を人質にとる主人公(ジャクソン)は、交渉人に、「仲間が信じられないから、赤の他人の君を選んだんだ」という四面楚歌の状態から出た言葉はとても悲しい。
なお、人質役に、アカデミー賞の『サイドウエイ』の主人公が出ていたのには驚いた。
とにかく、この映画がこの値段なら、とてもお買い得だと思う。

★★★★★ 興奮します!

この作品では,サミュエル・L.ジャクソンよりもケヴィン・スペイシーがかなり良い味出しています。
最後の最後まで,交渉人としての頭脳を働かせ、巧みな駆け引きによって事件を解決していくため、まさに「交渉人」というタイトルがピッタリな作品。
この駆け引きが興奮と心地よい緊迫感を与えてくれます。そして何と言っても,最後までどうなるのか全く予想がつかないところがこの作品の魅力です。見なきゃ損です!

★★★★☆ 交渉の過程は興味深かったが、後半は犯人探しがメイン

前半、交渉のイロハを話すシーンはなるほどと思いながら、台詞の理解に頭を使わされることが心地良かった。
しかし、後半は交渉人による犯人探しがメインになるので、前半のような知的好奇心を満たされる展開ではなくなるのが残念。サスペンスにしては最後のオチも読めるので、とりわけの斬新さはない。
ただ、全体的な緊迫した空気は引き込まれるし、自分なら如何にして無罪を証明するかと考えながら見ると「そう来たか!」とストーリーに舌鼓しながら見ることが出来た。

作品の詳細

作品名:交渉人
原作名:The Negotiator
監督:F・ゲイリー・グレイ
脚本:ジェームズ・デモナコ、ケヴィン・フォックス
公開:アメリカ 1998年7月29日、日本 1999年7月3日
上映時間:139分
制作国:アメリカ
製作費:5000万ドル
興行収入:7100万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. フォーン・ブース

  2. ブラッド・ワーク

  3. 8mm II

  4. セルラー

  5. 推定無罪

  6. 誘拐の掟

PAGE TOP