サスペンス

ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチはその微笑みに、何を仕組んだのか。

史上最大のミステリーが、スクリーンで解き明かされる!

ダ・ヴィンチの絵画に仕組まれた、驚くべき秘密・・・。独自の解釈と想像力で、世界中に衝撃を与えたダン・ブラウンのベストセラーが、完全映画化される。<モナ・リザ>、<岩窟の聖母>、<最後の晩餐>。名画に隠された暗号の謎を追う主人公ラングドンには、ハリウッドを代表する、アカデミー賞俳優のトム・ハンクスが抜擢された。さらに、『アメリ』のオドレイ・トトゥ、『レオン』のジャン・レノなど個性的な俳優陣が脇を固め、アカデミー賞監督のロン・ハワードが監督するなど、豪華なキャスト・スタッフがこの映画のために集結した。解き明かされる歴史の真実。ダ・ヴィンチが仕掛けたミステリーに全世界が驚愕!

名画に秘められた暗号が、時代を超えて連鎖を始める。

閉館後のルーヴル美術館。ダ・ヴィンチの素描<ウィトルウィウス的人体図>を模して横たわる、館長の死体が発見された。死体の周りに残された、不可解な暗号。その中には、ハーバード大学教授ラングドン(トム・ハンクス)の名前が・・・。殺人の容疑者として、現場に連れてこられたラングドン。しかし、館長の孫娘で暗号解読官のソフィー(オドレイ・トトゥ)によって助け出される。べズ警部(ジャン・レノ)らフランス司法警察に追跡されながら、暗号の謎を解きはじめるふたり。でもそれは、新たな謎の始まりに過ぎなかった。ダ・ヴィンチが自らの絵画に残した、歴史を揺るがす暗号とは?そして、ふたりに託された重大な真実とは?

キャスト:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、ポール・ベタニー、アルフレッド・モリーナ、ジャン・レノ、ジャン=ピエール・マリエール

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ おもしろい

今まで、メジャーな映画しかあまりみたことがなく、それらのほとんどは泣ける、感動するなどが謳い文句の映画ばかりで、ただ泣かせたいだけで話は無理やりでおかしいし、何を伝えたいか良くわかりませんでした。
しかし、原作を読まずにこの作品をみて、これはかなりおもしろいと思いました。キリスト教の歴史に対する考え方の知識が多少あったため、結構スピーディな展開なのですが、話に何とかついていけ、どんどん話に吸い込まれていきました。映画を見て、こんな好奇心をくすぐられ、おもしろい(興味深い)と思ったのは初めてです。見終わった後、他の映画にはない興奮があったことを覚えています。
まだ原作を読んでいない人は、是非読まずに先に映画を見ることを勧めます。

★★★★★ 私は面白かったです!

好きか嫌いか、この映画ははっきりと分かれているようですね。 私自身は楽しんで観れた映画です。劇場だと、長時間ということや難しい話が沢山出てくるということで、話についていくのに大変だと思いました。私は原作を読んでいなかったので、後に興味を持ち、上・中・下を全て購入し、映画の場面が浮かんできたりで、こちらも楽しめました。 今回、DVD化ということでもちろん購入し、またじっくりと家族と一緒に観たいと思います。

★★★★★ 2重のミステリーを含んだ秀作

事実はひとつなのにも関わらず、書き手によって残される「歴史」は真実ではない、それは西洋だろうと日本だろうと似る部分がある。キリスト教徒じゃない日本人には面白くないという意見もありますが、西洋史の基礎知識があれば、この映画と小説(と元になった「レンヌ・ル・シャトーの謎」)の視点が面白いと思えるはずです。
仮説の一つであっても、世界を覆った権力の成立までの不可思議さ自体がミステリー。夜のルーブル美術館のグランド・ギャラリーやフランスの教会、ロンドンのテンプル寺院、などロケ地の雰囲気も堪能できる点でも楽しめる映画でした。
古代ギリシア、古代ローマ、中世キリスト教世界、ルネッサンス絵画や勿論ダヴィンチの美術に興味がある方はとても楽しめると思います。
シラス役のポール・ベタニーの演技は凄かった。また、オドレィ・トトゥ、トム・ハンクスも自然で良かった。
本作のポール・ベタニーのシラス役の役作りが見応えあります。
小説に忠実かといえば、そうでもないですが、映画のシナリオとするならばこれはこれで許容範囲なのかという気がします。ただ、映画だけだと登場人物の背景や設定がややわかりにくいですね。その為、映画の方だと最後まで教会が背後にあるかのような感覚が残るかもしれません。ラストシーンの撮り方は雰囲気がとてもいいと思います。
本編ストーリーがミステリーなだけでなく、題材としての謎、この二重性がテンポ、バランス共によく構成されている秀作だと思います。

★★★★★ 宗教界から起きた大批判が、この映画の真価を示しているのでは…

衝撃的な映画だった。自分はこの映画に引き込まれ、最後まで集中して見れた。同レベルの知的で良質なミステリー映画は非常に少ないと思う。
この映画は、キリスト教にあまりなじみのない日本人にはそれほどおもしろく感じないかもしれない。しかし、世界全体を見ると、人口のかなりの割合がキリスト教を信じており、日々それを真剣に信じて生活し、毎週教会に通い、それが人生の基礎・目的となっている。
そうした中で、この映画の描いていることの衝撃は、フィクションとは言え、すごいものがある。キリストは神の子でなく単なる人間なのだという証拠が見つかるというのは、キリスト教を根底から覆すもので、莫大な数の信者たちの人生をほとんど台無しにするくらいの重大なことである。
現代の実際の社会では、様々な国において、キリスト教を信じている人々と信じていない人々との間で大きな葛藤があり、そのせいで多くの人が殺されてもいる。宗教を無批判に信じてしまう人とそれを批判的に見る人の間で、非常に深い対立がある。キリストが普通の人間だという証拠が見つかれば、世界の歴史も政治も大きく変わるだろう。その意味
で、この映画が突きつけているテーマは非常に重大である。
自分は原作の方は読んでいないが、読んでいない自分からすると、これは十分に上質の映画だと感じた。恐らく原作の方はじっくりと描かれ、さらに興味深く、完成度が高いだろう。この映画も、3部くらいに分けて、それぞれ3時間くらいで作り、宗教的な背景や謎もゆっくりとわかりやすく説明すればよりよかったと思う。
一度見ただけで理解できる人は、キリスト教になじみのない日本人では稀だろうから、じっくり考えながら何度か見て、物語の構図をよく理解する必要があるだろう。
最後に、ソフィの「人は何を守るかによって、どんな人か決まる」という言葉は、よくよく考えれば当然のことなのかもしれないが、名言である。

★★☆☆☆ 展開が速過ぎます。

次から次へと事件が起こり、これが単純にアクション映画なら問題がないんですが、原作を読んでいないと登場人物の
関係がが分からず、そしてよく分からない内に神がかり的な早さで主人公が謎を解き、なんだかこんな謎解きでヒロインを始め、皆がよくあれで主人公の解説に納得するな、と思っている内に終わります。
銀行の支配人は結局何がしたかったのか、シラスがどうして司教にあそこまで盲目的なのか、登場人物の事を深く掘り下げていない為、トム・ハンクス以外の人物がとても薄っぺらに見え、感情移入が出来ません。
恐らく原作を読んでいない人の大半が理解に苦しむ映画だと思います。
「好きな俳優さんが出てるし」、「なんだか話題作だから」、という感情だけで観ると、絶対に後悔します。

★☆☆☆☆ 意味がわからない

最初から、全く意味がわからない。もちろん謎のサスペンス映画だろうけど、見てて疲れてしまった。ああ、わかりやすい映画を選ぶべきだったと激しく後悔してる。複雑怪奇なものが好きな人にはいいかもしれない。 モナリザの謎の微笑みのことを期待してたのに・・。ちゃんとさいしょから映画の内容を把握すべきだった・・・・・・。(泣)

作品の詳細

作品名:ダ・ヴィンチ・コード
原作名:The Da Vinci Code
監督:ロン・ハワード
脚本:ダン・ブラウン、アキヴァ・ゴールズマン
原作:ダン・ブラウン『ダ・ヴィンチ・コード』
公開:アメリカ 2006年5月19日、日本 2006年5月20日
上映時間:149分
制作国:アメリカ
製作費:1億2500万ドル
興行収入:7億5800万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

 

関連作品

  1. テイキング・ライブス

  2. 硝子の塔

  3. 誘う女

  4. ザ・クリミナル 合衆国の陰謀

  5. ダーク・プレイス

  6. ジェニファーズ・ボディ

PAGE TOP