ドラマ

レ・ミゼラブル

ビクトル・ユーゴーの古典的名作をリーアム・ニーソン、ジェフリー・ラッシュの主演で完全映画化!

ストーリー:19年間投獄されていたジャン・バルジャン(リーアム・ニーソン)は老司教との出逢いによって、乱れた生き方を改める。そして9年後、彼は民衆思いの良き市長となった。しかし、新任の警察署長ジャベール(ジェフリー・ラッシュ)が赴任。かつて徒刑場の監視人をしていた彼は、バルジャンの過去に気付き、執拗に彼を追いつめていく・・・。

出演:リーアム・ニーソン、ジェフリー・ラッシュ、ユマ・サーマン、クレア・デインズ、ハンス・マシソン、ジョン・ケニー、レニー・ジェームズ、ピーター・ヴォーン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 作品の主要部分を知るには最良

書籍の方では沢山のよもやま話もありそれぞれの登場人物の人となりを知る事が出来るのだが余りにも長すぎる。この作品は何度も映画化されたのだがこの作品が一番わかりやすくポイントを掴んでいると言える。この作品を見てから本を読めば作品への理解度が増すこと間違いなしです。

★★★★★ 買ってよかった!

1000円ということもあって気軽に買いました。この口がきけなくなるほどの、涙をながすという感動のひとつ上をいくような、重く、深く自分に入り込んでくる感動は、久しぶりの経験でした。これと似た感動は、私の中では、セールスマンの死という伝説の舞台に匹敵。これは・・・すごい。としか言いようがありません。ぜひ、ご覧ください。買えるうちに。

★★★★☆ 星3くらい

レ・ミゼラブルは大好きな話なので、原作を何度も読みました。この映画は原作を万人向けに短くまとめて、そこに現代風のアレンジを加えた形になっています。小説とは異なるので違和感もありますが、これはこれで楽しめました。映像も古すぎず、好き嫌いの分かれるミュージカル映画でもないので、多数映像化されているレ・ミゼラブルの作品の中では比較的手に取りやすいかと思います。内容的には星3くらいに感じましたが、キャストが意外と豪華だったので+1。

★☆☆☆☆ 原作を読んだことのある者には、ちょっと…だが

ヴィクトール・ユゴーの原作を映画化するのはとても難しい。長いだけでなく、作品に多数の伏線が織り込まれているからだ。それこそがこの作品の真骨頂なのだが、それを2、3時間の作品に盛り込むことは、どんな脚本をもってしても、誰が監督をしても不可能だろう。本作品もたくさんの欠落、デフォルメが施され、ようやく成り立っている。とりわけコゼットとマリユスがお馬鹿なカップルとして描かれている点は、原作を知っているかどうかで評価が分かれるだろう。本作は私のために作られたわけではない。だから私の評価は無視してほしい。

作品の詳細

作品名:レ・ミゼラブル
原作名:Les Misérables
監督:ビレ・アウグスト
脚本:ラファエル・イグレシアス
原作:ヴィクトル・ユーゴー
公開:アメリカ 1998年5月1日、日本 1999年2月6日
上映時間:134分
制作国:アメリカ、イギリス、ドイツ
興行収入:1400万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. LIVE AND DIE/リヴ・アンド・ダイ

  2. ドア・イン・ザ・フロア

  3. ロッキー3

  4. 新・猿の惑星

  5. チャット 〜罠に堕ちた美少女〜

  6. チアーズ!3

PAGE TOP