ドラマ

プリティ・プリンセス2 ロイヤル・ウエディング

冴えない女子高生が憧れのプリンセスに変身していく「プリティ・プリンセス」の続編。今作は舞台をヨーロッパに移して、プリンセスの甘く切ない恋心を描いた作品

ストーリー:「私が王国のプリンセス・・・!?」、そんな驚きの事実から5年の月日が経ち、サエない女子高生だったミア(アン・ハサウェイ)も、今やジェノヴィア国の麗しきプリンセスへ成長しました。憧れの超セレブな生活にご機嫌のミアでしたが、21歳の誕生日を迎えたその日、彼女に衝撃の事実が。それは、女王になるための基礎教養を学び、礼儀作法を身につけ、理想の結婚相手を選び、運命の恋におちること。しかも、これらすべてを30日以内にクリアしなければ、彼女は女王になれないのです・・・。「そんなのムリ!できっこないじゃん!」と焦るミア。はたして彼女の運命は?ミアは本当の恋に出会えるのでしょうか?

出演:アン・ハサウェイ、ジュリー・アンドリュース、ヘクター・エリゾンド、ヘザー・マタラッツォ、クリス・パイン、カラム・ブルー、キャロライン・グッドール、アビゲイル・ブレスリン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 女の子たちに見てほしい1本

もう、大好きなDVD!アンハサウェイが出てるDVDはおもしろい!何回見ても飽きない。ストーリーも最高!!女子は見るべき!

★★★★★ 女の子なら。。

私は前作を見ていないのですが、十分楽しめました☆女の子なら憧れちゃう要素が盛りだくさん!!国を取るの、愛を取るの。。!?と最後までハラハラドキドキしましたが、そこはディズニー映画。皆幸せでハッピーエンドです♪ 私が一番好きなシーンは、あのジュリーアンドリュースが歌うシーンです。サウンドオブミュージックで魅せた歌声は健在で、感動しました☆ 安心して見られて、温かい気持ちになれる映画です。

★★★★☆ ちょっと安上がりかな

アン・ハサウェイって、相手役に恵まれないよね。 ガンガン大物男優と共演する女優も多いのに、なんだか無名に近いような俳優ばかりで気の毒。抜けるように白い肌、女性らしい柔かな体型、着痩せするタイプで、実はとてもグラマー。現実でもあまり男選びが上手くないみたいで、妙な男に引っ掛かったりしてたみたいだけど、『レ・ミゼラブル』では体を張ったしね。素敵なベテランになることを期待してます。

★★★☆☆ 今一つ……

こってりした料理を食べた後は、箸休めで気分転換や口の中をスッキリさせるように、私は必ずと言っていいほど、重厚な作品(私にとっては…)を鑑賞した後は、軽い作品を観たくなるのですが……選択を間違えたようです。シンデレラ・ストーリーは好きだけれども、あまりに現実離れして、残念ながら楽しめませんでした。アン・ハサウェイは、可愛いけれども、オードリー・ヘップバーンやグレース・ケリーのようなエレガントさに欠ける感じ。相手役も魅力的ではありませんでした。

★★☆☆☆ 衣装や建物はすばらしい

1のアン・ハサウェイの変身ぶりに惚れ、2を拝見しました。確かに5年後のプリンセスの美しさにため息をつくが、内容がすごく酷い。洋梨しか名産のない国が、何故そんなに豪華絢爛な城や、王族の衣装を作れるのか不思議。結婚に関してもこの21世紀に戦略結婚!と言うが、結婚直前に何の疑いなく愛してくれる婚約者を裏切って、結婚式をバックレる。その上300年続く法を変える。変えれるなら最初からやれば…と思う。特にこの21世紀に王政である必要がないと思うのだが?ストーリーに目を向けるのではなく、夢見がちな女の子がドレスや建物を羨ましがるに最適の映画。それから、話している英語は比較的簡単なものなので、英字幕にして英語の勉強するにはよろしいのでは?

作品の詳細

作品名:プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング
原作名:The Princess Diaries 2: Royal Engagement
監督:ゲイリー・マーシャル
脚本:ションダ・ライムズ
原作:メグ・キャボット
公開:アメリカ 2004年8月11日、日本 2005年2月26日
上映時間:113分
制作国:アメリカ
製作費:4000万ドル
興行収入:1億3400万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. フリーダ

  2. 復讐の十字架

  3. ミセス・ハリスの犯罪

  4. ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命

  5. ゲットバッカーズ

  6. 黒い司法 0%からの奇跡

PAGE TOP