アクション

ダイ・ハード2

今回の事件は豪雪の大空港! 航空管制塔、乗客に大惨事が迫る!

ご存知 DIEーHARDERージョン・マクレーン刑事の縦横無尽の活躍を、よりハードに、よりダイナミックに描く。ブルース・ウィルスが再び当たり役ジョンを熱演、監督にはレニー・ハーリンが大抜擢された。旅客機の空中爆発、滑走路の大火災、機上での大格闘、そしてスノー・モービルでの大追跡戦!製作費6000万ドルを費やし、前作を上回るスケールと迫力、どんでん返しとスペクタクルで観るものを圧倒する!

ストーリー:クリスマス・イヴ。よりを戻した愛妻ホリー(ボニー・ベデリア)を出迎えるため、ダレス空港に来たマクレーン(ブルース・ウィリス)は、冷酷なスチュアート(ウィリアム・サドラー)率いる、武装したテロリストの一味と遭遇。彼らの目的はもうすぐ特別機に乗って到着し、米国で裁判を受ける予定にある南米某国の将軍エスペランザ(フランコ・ネロ)の身柄の奪回だ。一味が滑走路の電源を切ったため、ホリーの乗った飛行機は着陸できなくなり、このままでは墜落の危険性も。マクレーンは空港を乗っ取った一味との死闘へ・・・。

出演:ブルース・ウィリス、デニス・フランツ、ウィリアム・サドラー、フランコ・ネロ 、ジョン・エイモス、フレッド・トンプソン、ボニー・ベデリア、ロバート・パトリック、マイケル・カニンガム、ジョン・レグイザモ


視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 初代に続く神作

映画の中には続編で面白くなくなったり、逆に壮大になりすぎて前作との繋がりが感じられなかったりする作品もあるが、そういった設定やシナリオのバランスが完璧だった。前作は機転の効いたアクション要素がメインだったが、今作では伏線の張り巡らされた複雑なストーリーが楽しめて、次はなんだろうという期待も含めてシリーズ全体が好きになれる映画。

★★★★★ ブルース・ウイルス最高傑作!!

決してくたばらない奴、ジョン・マクレーン。彼の活躍を描いたダイ・ハードシリーズはコレクションから外せません。特にこの2作目はエアポートシリーズを彷彿とさせ、上質な航空機アクションに仕上がっていて、シリーズで一番おもしろい作品です。またもやクリスマスにジョンとホリーに訪れた災難。それにたった一人で立ち向かい、テロリストをバッタバッタと片づけていくジョン・マクレーンの活躍に終始くぎ付けです。ロレンゾ警部とのやり取りもおもしろいし、頼りにしていたスワット部隊にもどんでん返しがあって、最後にテロリストの乗ったジャンボ機が爆発したときはホントにスカッとします。そして、エンディングのテーマ曲。クリスマスには必ず観たい作品です!!

作品の詳細

作品名:ダイハード2
原作名:Die Hard 2: Die Harder
監督:レニー・ハーリン
脚本:ダグ・リチャードソン、スティーヴン・E・デ・スーザ
原作:ウォルター・ウェイジャー『ケネディ空港/着陸不能』
公開:アメリカ:1990年7月4日、日本:1990年9月21日
上映時間:124分
制作国:アメリカ
製作費:7000万ドル
興行収入:2億4千万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. 黒いジャガー

  2. エクストラクション

  3. 96時間 レクイエム

  4. ホース・ソルジャー

  5. ダーク・タワー

  6. リンカーン/秘密の書

PAGE TOP