アクション

アンダーワールド ブラッド・ウォーズ

もう誰も失いたくない/世紀を超えた種族の戦い・・・史上最強の敵が<処刑人>セリーンを襲う!

ストーリー:長老殺しの罪により同胞から追放され逃亡の日々を送るセリーン(ケイト・ベッキンセイル)は、兵士の養成のためにとヴァンパイア族に呼び戻される。新たなリーダー、マリウス(トビアス・メンジーズ)の統率のもと勢力を強めているライカン族の猛攻に遭い、ヴァンパイア族は劣勢にあえいでいた。その特別な血ゆえにライカンに狙われている行方不明の娘イヴを守るためにも、セリーンは戦いに挑むことを決意。マリウスの襲撃を受け、死闘の末窮地に陥った彼女は、新たに手にした“ある能力”を駆使し、反撃に出る・・・。

出演:ケイト・ベッキンセイル、テオ・ジェームズ、ララ・パルヴァー、トビアス・メンジーズ、ジェームズ・フォークナー、チャールズ・ダンス、ブラッドリー・ジェームズ

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★  カッコイイ

前作は、ゴシックな感じが希薄でしたが今作は雰囲気もダークでカッコイイです。前作からの話の繋がりがやや強引ですが、引きずり過ぎて、変に子ずれヴァンパイア。。。みたいな、話になるより良いかもと思いました。COOLでダークなのがこのシリーズの魅力だと思います。

★★★★★ 息の長いシリーズになった

今作もケイト様がお美しいw 彼女の端正な顔立ちと作品全体のダークなトーンがよく似合っていると思います。ホワイトアウトでもそうでしたが彼女には冬が似合っているのでしょうか。1作目は2003年ですからもう14年も経っているんですね。作品間のブランクが長いですけどパワーが落ちないのも流石です。セリーンがどこまで強くなっていくのか、ラストにちらっと出てきた彼女の血を引く娘がどうなるのか、ライカンとの戦いはどうなるのかまだまだ楽しみです。(続編あるかどうかはわかりませんがw)

★★★★★ 良いですね!

このシリーズが好きで、楽しみにしていました。やっぱりセリーンは綺麗ですね〜。髪がちょっと白髪なのが見所ですが、それも似合う。年齢を感じさせないから、セリーン役のケイトさんは凄い…。相変わらずアクションはカッコイイです。新たなキャラクターも出てきて、その関係もどう発展していくのか気になります。特定映像で、役者さんが「長く続け!」って話してたけど、本当にそう思います。長く続け‼︎

★★★★☆ ケイト・ベッキンセイルの魅力が大きいねえ

アンダーワールド・シリーズの最新作、通算第5作目で2017年の映画。とりたててここが良いとか特にはなし。でもまあ面白いのは事実。ケイト・ベッキンセイルの魅力が大きいねえ。でも今回は敵役の女優さんでララ・パルヴァーって人。ちょっと怖い顔しているけどかなりの美貌とスタイル、そして存在感。いやあ素晴らしい。しかしこの映画って今までの話の流れを知っていないとわかんないとか面白さに欠けるんじゃなないでしょうか。まあ僕は過去の作品は全て観ているからいいんだけど。このシリーズ初めての人はくれぐれもこれから観ないようにって思うなあ。

★★★☆☆ シリーズは全作みましたが・・・・。

このシリーズは好きで全作(今回を含め5作)もっていますが、今回が一番面白く無かったと思います。ただ、ララ・パルヴァーがとてもきれいでした。本当にジョディ・フォスターとそっくりだと思いました。

★★☆☆☆ 出がらし感が…

やることなくなった感が満載。面白かったのは2までやね。ケイトも年は隠せないf^_^;

作品の詳細

作品名:アンダーワールド ブラッド・ウォーズ
原作名:Underworld: Blood Wars
監督:アンナ・フォースター
脚本:コリー・グッドマン
公開:アメリカ  2017年1月6日、日本 2017年1月7日
上映時間:92分
制作国:アメリカ
製作費:3500万ドル
興行収入:8100万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. 荒野の七人

  2. ターミネーター:新起動/ジェニシス

  3. ロボコップ3

  4. プレデター

  5. パイレーツ・オブ・カリビアン:最後の海賊

  6. ブラッド・ファーザー

PAGE TOP