スリラー

少年は残酷な弓を射る

イギリスの女性作家に贈られる文学賞として著名なオレンジ賞に輝く、ライオネル・シュライバーの小説を映画化した家族ドラマ

ストーリー:自由を重んじ、それを満喫しながら生きてきた作家のエヴァ(ティルダ・スウィントン)は、妊娠を機にそのキャリアを投げ打たざるを得なくなる。それゆえに生まれてきた息子ケヴィン(エズラ・ミラー)との間にはどこか溝のようなものができてしまい、彼自身もエヴァに決して心を開こうとはしなかった。やがて、美少年へと成長したケヴィンだったが、不穏な言動を繰り返した果てに、エヴァの人生そのものを破壊してしまう恐ろしい事件を引き起こす・・・。

出演:ティルダ・スウィントン、エズラ・ミラー、ジョン・C・ライリー、アシュリー・ゲラシモヴィッチ、シオバン・ファロン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 邦題がとてもいい

結局この少年が何故このような性質なのか、原因が不明です。アスペルガーであれば、赤ちゃんの頃に父親にも同じ反応を示すはず。アメリカではこのような無差別犯罪はたまにニュースになりますが、少年たちの動機には理由があるはず。この少年の場合、かかりつけ医だったり、アメリカにあるか分かりませんが保健センターなど頼れなかったのでしょう。日本であれば小さい頃の健診で相談するか、あるいは逆にお医者さんなどが気づき、なんらかの療育のサポートが受けられたはず。母親一人で背負い込んで(誰も療育に繋げようとしない)一家は破滅の道へ。

★★★★☆ 自分の子育てに刺さる

見た後の爽快感は全くない。最後の救いもわずかにあるかないかズーンと重く胃に溜まるような不快感とも言えるような感情が、私には残った。育児真っ最中の人は、見ない方がいいかもしれない。でも、心に刺さる。屈折しすぎている少年の母への愛情が溢れている。そんな形で表現しなくてもいいのに・・・。多分少年自身もわかってないんだろうな。

作品の詳細

作品名:少年は残酷な弓を射る
原作名:We Need to Talk About Kevin
監督:リン・ラムジー
脚本:リン・ラムジー
公開:イギリス 2011年10月21日、日本 2012年6月30日
上映時間:112分
制作国:イギリス
製作費:700万ドル
興行収入:1000万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. ウルフ・オブ・ウォールストリート

  2. ディープ・ブルー

  3. 僕と彼女とオーソン・ウェルズ

  4. グレート・ホワイト

  5. オールド・ルーキー

  6. ゲティ家の身代金

PAGE TOP