アニメ

ライオン・キング2 シンバズ・プライド

『ライオン・キング』の続編となる作品。王となったシンバや娘キアラ、悪役スカーの息子コブの物語を通して“家族の絆”の大切さを描く

ストーリー:シンバと妻のナラの間に小さなプリンセス、キアラが誕生。やんちゃなキアラは、父の心配をよそに追放されたライオンが住む荒れ地に出かけ、雄の子ライオンのコブと仲良くなる。ところが、追放されたライオンたちは、コブを使ってプライドランドを乗っ取ろうとしていた。若いキアラとコブ、そしてプライドランドの行く末は・・・。

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 続編は失敗すると言いますが…

これは大成功!前作の良い所をしっかり引き継いでいます(・∀・)絵は前作よりも綺麗になっていますね☆音楽は前作に劣るかな;キャラクターは個人的に前作よりも魅力的だと思います!キアラとコブが特に◎シンバも前作より強そうでかっこいい♪

★★★★☆ 親が子供から教えられる事もある

前作に劣らない完成度でした。歌のクオリティは、個人的には1よりもグレードアップしていると感じます。特に「よそ者」の圧倒的な迫力と壮大さには感激してしまいました。悲しい歌なのですが、何度も聴くほど大好きな歌です。その他にも、「私たちはひとつ」、「ユペンディ」(タイトルは合っているか分かりません・・・笑)など、耳から離れない良い曲がたくさんあります。シンバの王、亡きムファサは、完璧で、王としての圧倒的存在感を放っていましたが、それに対してシンバは、少々未熟さを感じるというか、子育てや王としての役目に完全な自信を持っている風には思えず、模索しているようで、その辺が、人間ではないんだけど人間味を感じるというか、シンバのキャラにリアルさを感じました。個人的に最も感動したのは、娘のキアラが父親のシンバに説得をする、最後の方のシーンです。キアラの言葉に胸を打たれるシンバの姿に、「親は子供に色んな事を教えて、子供を成長させていくけど、逆に、親が子供から教えられる事もあるんだな。」と、改めて思わされた、とても良いシーンでした。全編を通して、キアラと、両想いとなるコブがメインとして活躍しますが、この作品も前作と同様、シンバの成長物語となっています。王として、親として、葛藤しながらも、答えを導きだしていくシンバ。ますますシンバの事が大好きになりました。ラストシーンの、天国のムファサがシンバに話しかけるシーンは、本当に胸を打たれます。もちろん、キアラとコブも、とても魅力的なキャラクターです。特にコブは、ディズ二ーのキャラの中でも、歴代屈指のカッコいいキャラだと思います。

作品の詳細

作品名:ライオン・キング2 シンバズ・プライド
原作名:The Lion King II: Simba’s Pride
監督:ダレル・ルーニー
脚本:フリップ・コブラー
公開:1998年10月27日
上映時間:82分
制作国:アメリカ
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. スモールフット

  2. アンツ

  3. 名探偵シャーロック・ノームズ

  4. みんなあつまれ! ワンダーパーク

  5. トレジャー・プラネット

  6. アント・ブリー

PAGE TOP