アクション

リプレイスメント・キラー

香港ノワールの大スター、チョウ・ユンファのハリウッド進出第1作となった記念すべきヴァイオレンス・アクション映画

ストーリー:腕利きの殺し屋ジョン・リー(チョウ・ユンファ)は、チャイニーズ・マフィアに監視されながら中国で暮らす母と妹の身を守るため、彼らが下す命令に従って殺人を繰り返していた。ある夜、麻薬取引現場で、チャイニーズ・マフィアの首領ウェイ(ケネス・ツァン)の息子がジーコフ刑事(マイケル・ルーカー)に射殺される事態が発生。ジョンはウェイから、報復のためジーコフの幼い息子の殺害を命じられるが、子供を殺すことはどうしても出来なかった。そこで国外逃亡を考えたジョンは偽造屋にパスポートを依頼しにいくが、その彼をウェイが放った刺客が襲う。そのときジョンはついに、ウェイに反旗を翻す決心をする・・・。

出演:チョウ・ユンファ、ミラ・ソルヴィノ、マイケル・ルーカー、カルロス・ゴメス、ケネス・ツァン、ユルゲン・プロホノフ、ティル・シュヴァイガー、ダニー・トレホ、ランダル・ダク・キム、クリフトン・コリンズ・Jr


視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ チョー・ユンファの快進撃

香港アクション映画のビッグスター、チョー・ユンファ主役のアクション。激しいバイオレンスとアクション、射撃などが次々。最初から最後まで目が離せない名作です。

★★★★☆ 香港ものとハリウッドものの中間みたいな

ストーリーは、ちょっと期待できないんですけど、とにかくカッコいいです。ユンファだから当たり前ではあるんですけど。個人的に、ミラにもっともっと彼女本来のバックグラウンドを全面に打ち出してほしかった。それだけが悔やまれます。ミラってせっかくの中国に関する専門知識があるのに、それが上手く活かされないというのが惜しすぎる。ハリウッドじゃ需要がないんだろうけど、この際香港映画とかに出て広東語喋りまくりながら銃撃戦してほしいなあ。日本でも嬉しい。でも、この作品のミラはうらぶれててやっぱりカッコいいです。ユンファとも似合う!

作品の詳細

作品名:リプレイスメント・キラー
原作名:The Replacement Killers
監督:アントワーン・フークア
脚本:ケン・サンゼル
公開:アメリカ 1998年2月6日、日本 1998年10月31日
上映時間:87分
制作国:アメリカ
製作費:3000万ドル
興行収入:3900万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. デス・レース3 インフェルノ

  2. スノー・ロワイヤル

  3. ファースター 怒りの銃弾

  4. アクト・オブ・バイオレンス

  5. 15ミニッツ

  6. ヘルボーイ(2019)

PAGE TOP