ホラー

イット・カムズ・アット・ナイト

外には恐怖。中には狂気。

ストーリー:夜やってくる“それ”の感染から逃れるため、森の中の一軒家に隠れ住むポール一家の元に、ウィル(クリストファー・アボット)と名乗る男とその家族が、助けを求めてやって来た。ポールは“それ”の侵入を防ぐため「夜入口の赤いドアは常にロックする」というこの家のルールに従うことを条件に彼らを受け入れる。うまく回り始めたかに思えた共同生活だったが、ある夜、赤いドアが開いていたことが発覚。誰かが感染したことを疑うも、今度はポール一家の犬が何者かによる外傷を負って発見され、さらにはある人物の不可解な発言…“それ”の正体とは一体何なのか?疑心暗鬼に陥った彼らは、予想だにしない結末へと突き進んでいく・・・。

出演:ジョエル・エドガートン、クリストファー・アボット、カルメン・イジョゴ、ケルヴィン・ハリソン・Jr、ライリー・キーオ、グリフィン・ロバート・フォークナー、デヴィッド・ペンドルトン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 受け入れることとは、運命を共にすること。

タイトルとジャンルがホラーになっていることから、怪物的な何かに襲われる映画と思われるかもしれませんが、そういったことは全くなく、ITの正体については、全く触れません。コロナ禍の現在だからこそ言えるのかもしれませんが、この映画の哀しい結末も、人間の選択とも言えますし、わたしは「受け入れることには運命を共にする覚悟が必要なのだ」そう感じました。そういったことを教えてくれた、素晴らしい作品でした。

★★★★★ トラヴィスは最期の夢の中で扉の向こうに何を見たんだろう

私はこういうの好きです。映像が綺麗で、雰囲気が良い。極限の状況に追い込まれたら、人間は悪魔にもなれるのかもしれません。それは単純に他人を害するだけの攻撃性ではなく、防御としても。心霊物ではないけれど、発症した人間は幽霊みたいな見た目になるので、未知の病気だけでは感じない恐怖も感じました。ここからは単なる私の思いつきですが、トラヴィスの認識していた状況と実際の現実は少し異なるのではないかなと思います。作中に夢遊病というキーワードがありました。トラヴィスは悪夢のせいで不眠に悩まされていましたが、実は夢遊病か精神疾患になっていて、本人が気づかない内に赤いドアを開けていたのかもしれません。子供の手が届く位置ではありませんでしたし、その後の夢の中の屋外で飼い犬を探しますが、犬は異常な鳴き声をあげており、トラヴィスは何かを目の当たりにし尋常でない表情を浮かべます。これは、実際に屋外で感染した犬を見つけて半狂乱の状態で連れ帰ったはいいけど、ショックで記憶がなくなったかまたは、それも夢だと思い込んで眠って忘れてしまったか、かもしれません。夢ではマスクをつけておらず、夢遊病の場合覚醒はしませんし、出来事を覚えてもいないので、ちょっと無理があるかな。でも、これだけは言いたい。扉に南京錠くらいつけろよ・・・。

★★★★☆ 疑心暗鬼になることに疲れる

どこまでが現実でどこからが夢なのか、誰かが嘘をついているかもしくは皆が嘘をついているのか、目に見えないものが本当にあるのか無いのか、すべてに疑心暗鬼になって最後の最後まで非常に疲れる映画。ランプ等の限られた光源の使い方や「赤いドア」という色の使い方、そして音楽の挿入箇所とかもすごくセンスがあるというか、不安を煽りに煽ってくる。しかも一瞬和むシーンがあったりチビッ子がかわいかったりするから余計に最後辛い。そういう構成が非常に上手すぎて辛い。しかも答えが出ない部分もあるのでサスペンス特有の謎解きというかすべてのピースがはまっていく爽快感的なものが無いから更に救いようが無い。散々ひどいこと言っているようだけど、そういうのが許せて考察好きな人は本当に楽しめるし、映画としてはとても完成された映画だと思う。でも心に余裕がないときには見ない方が良いと思います。

★★★☆☆ ゾンビを出さずとも緊張感の或るサスペンスになっています。

ゾンビのような謎の病気が蔓延した世界で、恐怖の元となる物は映さずに一つ屋根の下でサバイバルする人たちの疑心暗鬼のドラマを描いたシチュエーションサスペンス。ストーリー的にはもうちょっと仕掛けがあった方が良かったかなと思うが、終始緊張感高い役者の演技と難しい事に挑戦した所は評価したい。

作品の詳細

作品名:イット・カムズ・アット・ナイト
原作名:It Comes at Night
監督:トレイ・エドワード・シュルツ
脚本:トレイ・エドワード・シュルツ
公開:アメリカ 2017年6月9日、日本 2018年11月23日
上映時間:91分
制作国:アメリカ
製作費:240万ドル
興行収入:2500万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. クライモリ デッド・パーティ

  2. ドリームキャッチャー

  3. ザ・シャドー 呪いのパーティ

  4. 悪魔のいけにえ2

  5. スリーピー・ホロウ

  6. サクラメント 死の楽園

PAGE TOP