スリラー

NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム

オンラインゲームが題材の手に汗握るスリラー!視聴者が出す指令をクリアして賞金を得るゲームのプレイヤーとなった女子高生と、謎めいた青年の姿を追う。

ストーリー:高校生のヴィー(エマ・ロバーツ)は、ひょんなことから裏オンラインゲームに参加する。それは視聴者が出す指令をクリアして賞金をつかむというもので、彼女は見知らぬ者と5秒間キスをして賞金の100ドルを得る。同じゲームのプレイヤーでもあったキスの相手イアン(デイヴ・フランコ)と一緒に、繰り出される指令を遂行していくヴィー。人気プレイヤーコンビとなって多額の賞金を手にする二人だったが、イアンの怪しい一面が浮き上がり、さらに指令の過激さもエスカレートしていき・・・。

出演:エマ・ロバーツ、デイヴ・フランコ、エミリー・ミード、ジュリエット・ルイス、マイルズ・ハイザー、コールソン・ベイカー、キミコ・グレン、マーク・ジョン・ジェフリーズ、サミラ・ワイリー、ブライアン・マーク、エド・スクワイアズ

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 闇が深すぎるダーク・ウェブ。

管理人が分からない危険なサイト、ゲームに挑戦したばかりに起こる面白いけど実際に起こり得そうで怖いストーリー。傍観者は無責任だよね。”いいね”したり、あおっていればいいんだから。昨今有名になりたいばかりにSNSや、You tubeでの動画アップもヒート・アップして来ているし、この先世界はどうなっちゃうんだろうとマジで心配になる。一般人のハッキングテクも進化しているし、いよいよITでしか生きられない時代に突入か!!この映画、最後に残った3人がまともな神経をしていたから良かったものの。。。最後には、やはりまともな生身の人間の良心・判断が勝つ所が救いだった。このゲーム、始めたら一時も休ませてくれないんだね。挑戦者も、お金を払って傍観者になる人間もある程度暇じゃないと出来ない。人との接点がパソコンやスマホだけになりそうだ。マシーンは便利なツールだけであって欲しい。主人公のヴィーのパンダのパンツが可愛かった。将来への警告としてもなかなか興味深い映画だった。

★★★★☆ 子供向けな感じではあるものの

思春期から大人に入りたての少年少女向きか、疲れた大人向きな映画の印象でした。汚さはなるべく排除したお洒落な映像や音楽は心地よいです。自分を曝け出す口論も超えてはいけないラインは守りつつ、皆良い子なんだなという感じでした。ダークサイトなど分かりやすいハッキング描写も無駄に粗探しをする必要も無い単純さでテンポよく進みます。ラストは定番の展開かなと予想してみていましたが、意外にもあれ?となって、気持ちの良い終わり方でエンディングになり、評価は上昇しました。綺麗にまとまってると思います。

作品の詳細

作品名:NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム
原作名:Nerve
監督:ヘンリー・ジュースト
脚本:ジェシカ・シャーザー
公開:アメリカ 2016年7月27日、日本 2017年1月6日
上映時間:96分
制作国:アメリカ
製作費:1900万ドル
興行収入:8500万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. シークレット・フェイス 笑顔の罠

  2. レッド・ウォーター/サメ地獄

  3. search/サーチ

  4. LOOPER/ルーパー

  5. ファイナル・ショット

  6. SAFE/セイフ

PAGE TOP