ラブ・ロマンス

タンネンベルク1939 独ソ侵略戦争

ポーランド侵攻の惨劇を描いたリアル戦争アクション!

ストーリー:1939年、ドイツ軍の侵攻を受けたポーランド。占領下、一般市民は決死の抵抗を繰り広げるが、圧倒的な兵力を誇るドイツ軍は、罪もない女性、子供ににまで容赦なく銃口を向けるのだった。レジスタンスの動向を探るため、秘かにスパイ活動を行っていた若きドイツ軍将校、オスカー・ケーニッヒ(ジョナサン・スカーフ)。彼は、吹雪に遭難した若き女性、レイチェル(ニーナ・ドブレフ)の危機を救い、それが縁で2人は愛し合うようになる。しかし、互いの出自と戦時下の状況は、あまりにも過酷な運命を招くことに・・・。

出演:ジョナサン・スカーフ、ニーナ・ドブレフ、ザカリー・ベネット、キム・コーツ、コルム・フィオール、ロイ・シャイダー、ダリル・ハンナ、ミリアム・マクドナルド

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ ラブロマンスであった

戦争映画と思い購入したら、何と、ドイツ人将校とユダヤ人女性のラブロマンスであった。しかし、真の愛とは?を考えさせられる映画である。愛されてはいないと知りつつ、愛しているからこそ、相手のために死ねる。ドイツ人将校の奪う愛ではない。愛情表現の違いを描いた映画であった。感激した。

★★★★☆ 戦渦のラブロマンス?

ジャケットには激しい戦闘の様子が描かれていますが、ド派手な戦闘シーンは作中では残念ながら見られませんでした。ジャケット詐欺?ですが戦争の悲惨さや人間の狂気を象徴するシーンが随所にあり、上手く描かれているなというのが印象です。突然時間が飛ぶことがあり、展開の仕方としてはもっとやり方があったんじゃないかなぁ、とは思うのですが、全体を通してみればうまくまとまっている作品だと思います。

作品の詳細

作品名:タンネンベルク1939 独ソ侵略戦争
原作名:The Poet
監督:ダミアン・リー
脚本:ジャック・クリスタル
公開:2007年6月21日
上映時間:100分
制作国:カナダ
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜

  2. タイタニック

  3. 光をくれた人

  4. ランド・オブ・ウーマン/優しい雨の降る街で

  5. 一枚のめぐり逢い

  6. それでも恋するバルセロナ

PAGE TOP